交易命AOE3DE版

AOE3DE版のデータテーブルです。下記のボタンをクリックすると、新しいウィンドウが開かれ、そこにデータテーブルが表示されます。

ポップアップがブロックされている場合は、新しいウィンドウは表示されないので、ポップアップブロックを解除してください。

このブログのトップページからだと、上記のボタンは反応しません。記事のページに移動してからボタンをクリックして下さい。

うまく表示されない場合は、ブラウザの履歴を削除してください。

重い場合は、フィルタの機能を使って、表示する内容を減らしてみてください。

データは2021年4月13(update 20511)のバージョンのものです。

アメリカ合衆国に一応対応しました。ただし、合衆国は新要素が多いので、表のデータはまだいろいろと対応できていない所があります。
多分、不具合はあると思います。致命的な不具合で、すぐに直せそうな場合は直しますので、見つけた人はコメントに書いてください。
今、ちょっといろいろと忙しいので、あまりこちらに手をかけられないのでしばらくはこれで我慢して下さい。
なお、私は合衆国チャレンジで手に入れる予定なので、アメリカ合衆国は未プレイなので、手に入れてから本格的に表を調整しようかなと思っています。

最終更新日(2021/4/15)

目次

更新情報

4/15 データを、4/13の update 20511 に対応しました。
アメリカ合衆国に一応対応しました。ただし、合衆国は新要素が多いので、表のデータはまだいろいろと対応できていない所があります。
今、ちょっといろいろと忙しいので、あまりこちらに手をかけられないのでしばらくはこれで我慢して下さい。

3/18 データを、3/16の update 20322 に対応しました。
新しいデータに合わせて少しだけプログラムを修正しました(特に表示される内容が何か変わったわけではありません)

今後の更新について:ver1.100までほぼ毎日更新してきましたが、実装したいことは大体実装できたので、今後の更新は不定期にはバグがあった時の取りと、データのバージョンアップ時の対応を行う予定です。追加機能の要望があればコメントに書いてもらえれば、実装できそうであれば実装するかもしれません。

2/26 パッチが出たようですが、データ上の変更はないようなので、本データテーブルの内容に変更はありません。

2/17 探索者などの、発見の行動が灰色で表示される不具合を修正しました。
日本の弓僧兵の「聖なる一撃」が翻訳されない不具合を修正しました。
ユニット表と、概要のマップの表に、「定義された資源」を追加しました。マップデータ上で定義された資源のことで、それらがマップ上に配置される可能性があることを示しています(必ず配置されるわけではありません)。また、市場などの建物や資源の箱が定義されている場合は、それらはそのマップの開始時のボーナス資源として配置されるものだと思ってください(そうでないものもあるかも)。

2/16 マップに複数のマップタイプが設定されている場合、そのうちの1つを選択できるようにしました。
ジャンク船など、複数の原住民を同盟したときに作成できるユニットの、原住民の列に、全ての原住民を表示するようにしました。

2/15 テクノロジの全適用がうまくいかなくなった不具合を修正しました。
オスマンのガード擲弾兵、インペリアル擲弾兵など、一部のテクノロジーが適用できない不具合を修正
ユニットにも同盟を結んだ場合に作成可能な原住民の列を表示するようにしました。ただし、カードの効果で搬送される原住民のユニットは同盟とは関係がないので表示されません(一部、データの設定上表示されるものもあるようです)
マップに「なし」を選択すると表が正しく表示されない不具合を修正しました。
概要の搬送ユニットの表の見出しの「資源」が正しく翻訳されない不具合を修正しました。

上部にあるボタンの説明

画面上部のセレクタ、トグルボタン、ボタンの意味は以下の通りです。

セレクタは、長方形で表示され、複数の項目から1つを選択することができます。選択中の項目は薄い水色で表示されます。

トグルボタンは角が丸い長方形で表示され、クリックすることでON/OFFを切り替えることができます。ONになっているボタンは薄い水色で表示されます。

ボタンは、角がさらに丸い長方形で表示され、クリックすることで何らかの機能を呼び出すことができます。

  • 言語セレクタ
    表示言語の切り替えます。現バージョンで対応している言語は「日本語」と「英語」のみです。
  • 表の先頭を表示するボタン
    それぞれ、「ユニット」と「テクノロジー」、「カード」、「概要」、「フィルター」、「データ」の表の先頭に表示が移動します。ボタンの色と、表の外側の背景色が対応しています。
  • %表示ボタン
    ONにすると、表の中で、テクノロジーなどの効果によって、初期値が変化した項目について、[]の中に元の値からどれだけ変化しているかを表すパーセントの数字などが表示されるようになります。
  • 前提表示ボタン
    ONにすると、カードの表に、「カードを取得できるレベル」と「カードを取得する際に必要な前提条件のカード」が表示されるようになります。
  • 元データ表示ボタン
    ONにすると、表の中で、変換された文字の元のデータが、()の中に表示されるようになります。同じ名前のテクノロジーが複数ある場合などは、この表示をONにすると、何が違うのかを理解するための手掛かりになる可能性があります。また、日本語の訳が変だと思った場合に、元のデータが参考になるかもしれません。
  • 全データ表示ボタン
    表をスリム化するための機能で、OFFにすると、あまり重要でないデータを表示しないようにします。例えば、データ上は設定されているが、その文明とは関係のない項目などが表示されないようになります。現バージョンでは以下の内容が表示されなくなります。今後対象を広げていく予定です。

    • ユニットの表で、テクノロジーの効果などによって、その建物から生成できなくなったユニット
    • ユニットの表で、アジアの3の時代以降のワンダー
    • ユニットの表の、アジアの要塞の時代以降に進化するためのワンダー
    • ユニットの表の、「収タ」(収納タイプのこと)の中で、その文明で作成できないユニット
    • ユニットの行動表の中の行動で、有効化されていない行動
    • ユニットの行動表の中の「採取」の項目の中で、その文明で作成できない建物
    • ユニットの行動表の中の「名称変更」で、前提条件がその文明で研究できないもの
    • ユニットの命令表の中の、必要なテクノロジーが適用されていない命令
    • ユニットの表の戦術の中で、有効化されていない行動。
    • テクノロジーの表で、カードの効果で自動適用されるもの
    • テクノロジーの表の「前提」の中で、カードを適用しなければ研究できないテクノロジーがあるもの
    • テクノロジーの表の「前提」の中で、初期状態で適用されるテクノロジー(探検の時代(スペイン)など)
    • テクノロジーの表の「効果」の中で、その文明が作成できないユニットに対する効果
    • テクノロジーの表の中の「データ変更」、「データ変更2」の中で、その文明で作成できないユニット、適用できないテクノロジー、カードを対象とするもの
    • テクノロジーの表の中の「名称変更」の中で、その文明で作成できないユニットを対象とするもの
    • テクノロジーの表の、領事館の表の中で、同盟中に研究できないテクノロジー、同盟以外の相手との「国交停止」、同盟中の「ヨーロッパとの国交開始」
    • カードの表の中の「データ変更」の「研究済の場合のホームシティからの搬送」の対象が、その文明で研究できないもの
  • 重複表示ボタン
    OFFにすると、ユニットの表の中で、既に別の表でデータを表示したユニットのユニット名をそのユニットのデータへのリンクにし、データを「-」で省略するようになります。
  • 投射物表示ボタン
    ONにすると、ユニットが発射する投射物を、ユニットの表に表示します。
  • 中段のテクノロジーの右の括弧の中の数字
    左が適用されたテクノロジーの数、右が表に記載されているテクノロジーの数を表します。この部分は表示だけで、クリックしても何も起きません。
  • 時代セレクタ
    革命以外のボタンをクリックすることで、その文明のクリックした時代の進化のテクノロジー(例:「工業の時代(スペイン)」が適用され、それ以前の進化のテクノロジーも自動的に適用されます。ただし、進化時にユーザが選択するテクノロジー(アジアの文明の場合は進化時に建設する建物)は適用されません。それらのテクノロジーを適用したい場合は、このボタンをクリックすると、クリックした時代へ進化させるテクノロジーへ表示が移動するので、そこで進化のテクノロジーを選択して下さい。
    クリックした時代よりも後の進化のテクノロジーは解除され、その時代を前提条件とするテクノロジーも自動的に解除されます。また、革命以外のボタンをクリックした場合は、革命を起こすテクノロジーは自動的に解除されます。
    「革命」をクリックすると、工業の時代までの進化が自動的に適用され、帝国の時代の進化は解除されます。また、革命を起こすテクノロジーへ表示が移動します。革命をクリックしただけでは、革命を起こしたことにはならず、「工業の時代」のボタンを押した場合と同じテクノロジーが適用、解除されます。革命を起こすテクノロジーを適用すると、このボタンがONになり、ボタンに対応する革命デッキの名前が表示されるようになります。
  • クリアボタン
    時代セレクタで設定されている時代の進化のテクノロジー以外のテクノロジーの適用をすべて解除します。カードの適用は解除されません。「探検の時代」を選択時に、「クリア」ボタンをクリックすることで、テクノロジーの選択が初期設定に戻ります
  • 全選択ボタン
    時代セレクタで設定されている時代で適用可能なすべてのテクノロジーを適用します。ただし、町の中心などで研究できる、進化時に選択するテクノロジー、革命のテクノロジー、原住民と同盟を結ぶテクノロジー、財宝のテクノロジーは適用されません。また、カードの適用を前提とするテクノロジーで、前提とするカードが適用されていないものも適用されません。
  • 中段のカードの右の括弧の中の数字
    左から順に、1~4の時代で適用されたカードの数、革命デッキで適用されたカードの数、カードの総数を表します。この部分は表示だけで、クリックしても何も起きません。なお、異なる革命デッキに同じカードが入っている場合があるので、各建物のカードの数を合計しても、総数には一致しません。
  • クリアボタン
    カードの適用をすべて解除します。テクノロジーの適用は解除されません。
  • 全選択ボタン
    時代セレクタで設定されている時代で適用可能なすべてのカードを適用します。革命デッキのカードは、その革命のテクノロジーを適用した場合のみ適用されます。
  • 文明セレクタ
    表示する文明を切り替えます。文明を切り替えると、適用されたテクノロジーはすべて初期化されます。

ユニットの表の説明

ユニットや建物は、それらを作成可能な建物(またはユニット)ごとに分類して表が表示されます。「守り手」には、財宝の守り手のユニットが、「財宝」には財宝から得られるユニットが表示されます。「その他」には、探索者や工場など、特定の建物やユニットから作成できないものが入っています。なお、「その他」に分類されるユニットの中には、一部その文明で作ることができそうにないものも含まれています。元のデータの解釈が間違っているか、元のデータの設定そのものが変な可能性があります。良い対策を思いつくまでは当面そのまま表示することにします。

それらの青いボタンをクリックすると、その下の表の表示のON/OFFを切り替えることができます。

表の上にマウスをしばらく置くと、その部分の項目の簡単な説明が表示されます。

表のユニットの背景の色は以下の表のような意味を持ちます。

意味
特別な意味は持ちません。「搬送ユニット」、「その他」以外の分類では、設定されてたコストを消費してそのユニットを作成することができます。
テクノロジーの効果により、その分類のユニットから、新しく生成できるようになったユニットを表します。革命時の「町の中心」の「革命家」などが該当します。
テクノロジーの効果により、その分類のユニットから生成できなくなったユニットを表します。革命時の「町の中心」の「入植者」などが該当します。
ユニットを生成した際に、作成されるユニットと、「搬送ユニット」の中の、搬送されたユニットを表します。「マナーハウス」の「入植者」などが該当します。
「搬送ユニット」で、搬送されていないユニットを表します。
一定時間おきに、そのユニットから自動的に作成されるユニットを表します。「工場」の「重カノン砲」などが該当します。

赤字は、そのユニットまたは建物に本来設定されているものが、文明特性やテクノロジーによって変化したことを表します。本来のデータはその右の()の中に表示されます。
なお、現バージョンでは、適用したテクノロジーの効果の一部だけが、表に反映される点に注意してください。

ユニットの表の各列の意味は以下の通りです。

説明
種別 ユニットにの種別を表します。主なものだけが表示されます(実際には表に表示されているものよりも多くの種別があります)
そのユニットを作成可能な時代を表します。1~5はそれぞれ「探検の時代」、「商業の時代」、「要塞の時代」、「工業の時代」、「帝国の時代」を表します。
人口 そのユニットの人口コストを表します。そのユニットの作成上限がある場合は「/」の後ろに上限数が表示されます
人口上限の増加数を表します。家などに設定されています。
そのユニットに収納可能なユニットの数を表します。
収タ そのユニットに収納可能なユニットを表します。ただし、先頭に「×」が表示されているユニットは収納不可能なことを表します。例:町の中心は、「農民」という種別のユニットを収納できますが、×がついている「漁船」という種別のユニットは収納できません(注:「漁船」という種別のユニットは同時に「農民」という種別を持っています)。
なお、ほぼすべてのユニットが船に収納可能なので、船の収タの表示は省略しています。
コスト そのユニットの生産コストを表します。ロシアの複数を生産するユニットは生産した数に応じたコストが表示されます。また、<×3>のような形で、生産するユニット数が表示されます。
そのユニットの移動タイプを表します。陸、海、空の3種類の移動タイプが存在します。
HP そのユニットの最大HPを表します。
そのユニットの大きさを表します。xとzがそれぞれ縦と横のサイズを表します。
時間の経過による回復(消耗)率を表します。正の値の場合は、1秒当たりの最大HPに対する割合を表します。負の値の場合は1秒あたりに消耗するHPの量を表します。一定時間待機状態にならなければ回復しない場合は「/」の後にその時間が表示されます。
おそらく、そのユニットが待機状態になるまでの時間を表しています。
寿 そのユニットの寿命を表します。矢などの投射物に設定されています。
そのユニットから得られる資源の量の初期値を表します。また、家畜など、時間の経過によって資源の量が増加するユニットの場合は「/」の右に最大の資源の量が表示されます。
動物の死体など、時間の経過によって資源の量が腐敗して減少する場合、1秒当たりの資源の減少量を表します。
そのユニットを建築できる最大の人数を表します。
そのユニットから資源を採集できる最大人数を表します。
そのユニットの最大速度を表します。
そのユニットが自動的に攻撃を行う最大範囲を表します。この値が設定されている場合、視界に入っていてもこの範囲以下にならなければ自動的に攻撃を行いません。
踊りの重みを荒らします。例えば「2」が設定されている場合、そのユニットがコミュニティプラザで踊った場合2人分として計算されます。
転効率を表します。具体的な効果は不明ですが、おそらく巫女の転向に影響するパラメータです。
そのユニットの視界の範囲を表します。
そのユニットの作成時間を表します。
そのユニットを破壊した際、作成した際の経験値が「/」で区切って表示されます。
そのユニットの防御タイプと、防御率を表します。設定されている防御タイプの属性を持つ攻撃を受けたとき、防御率だけダメージを軽減します。
AI そのユニットのAIのタイプを表します。AIのタイプの意味については、「データ」の「AIタイプ」の表を参照して下さい。
被AI AIタイプによって決められた攻撃対象を表す記号が表示されます。記号の意味については、「データ」の「AIタイプ」の表を参照して下さい。
日本の「山の戦士」などで、特定のユニットが財宝を取得したときの資源の入手倍率を表します。
そのユニットを作成した際に、実際に作成されるユニットが表示されます。中国の小屋から作成されるユニットなどが該当します。
のユニットが行えるユニットの作成または建物の建築を表しています。テクノロジーの効果によって作成可能になったユニットや建物には「+」が、作成不能になったユニットや建物には「×」が表示されます。ただし、建築時に自動的に生成されるユニットや、定期的に生成されるユニットは含みません(そちらは、行動の表に表示されます)
行動表 そのユニットが行える行動を表す表が表示されます。詳細は、下記を参照して下さい。
命令 そのユニットが行える命令の種類が表示されます。詳細は、下記を参照して下さい。
戦術 そのユニットが行える戦術の種類が表示されます。詳細は、下記を参照して下さい。
そのユニットが行える特殊能力の種類が表示されます。詳細は、下記を参照して下さい。

「行動表」の中で、「全データ表示」をONにした際に表示される、有効化されていない行動は背景が灰色の列で表示されます。テクノロジーの効果などによって有効化された行動は、背景が薄緑の列で表示されます。例:「前哨」の行動のうち、「砲撃」は「全データ表示」をONにしないと表示されませんが、「要塞化された前哨」のテクノロジーを適用すると、緑色の背景で表示されるようになります。

「行動表」の中の、資源を収集する行動の中で <> の中に表示されるデータは、その資源が<>の中に記述されている倍率だけ、長持ちすることを表します。
具体例としては、インドの町の人の木の収集が挙げられます。

「行動表」の列のうち、意味が分かりにくいものを表にまとめます。なお、いくつかの効果の説明は、xmlのタグの名前から推測したものなので、正しい解釈かどうかは不明なものがあります。そのような場合は、そのデータが記載されているxmlのタグの名前を記載します。正しい効果の意味が分かる方がいれば、コメントしていただけると嬉しいです。

説明
ダメージの種類です。近、遠、包の3種類があり、ユニットの防御タイプに対応します
与えるダメージを表します。ダメージに範囲がある場合は2行目に、上限がある場合は3行目に表示されます
中国の小林老師のクリティカルなど、確率によって起こす行動の、確率、ダメージ倍率、タイプを表します
最小射程と最大射程が表示されます
攻撃頻度(単位は秒)を表します
一度の攻撃で発車する砲弾の数を表します。記載のないものは「1」だと思います。ポルトガルのオルガンには6が、スウェーデンのカードの効果で有効になる「散弾攻撃」は7が設定されているようです
範囲外 ダメージ範囲外の「距離」と「因子(factor)」を表します。タグの名前は「outerdamageareadistance」と「outerdamageareafactor」で、数値の具体的な意味は不明です
拡散の「最大数」と「因子」を表します。タグの名前は「maxspread」と「spreadfactor」です。maxspreadは、大砲の通常の砲撃は5で、スウェーデンのカードの効果で有効になる「散弾攻撃」は35になっています。散弾攻撃のダメージが砲撃の1/10になっているのは、このパラメータが影響していそうです
射撃の「正確さ」と「減少因子」を表します。正確さのタグの名前は「accuracy」で、多くの設定値が1となっていますが、トマホークには10が設定されており、意味が良くわかりません
減少因子のタグの名前は「accracyreductionfactor」で、おそらく距離による命中率の低下の度合いを表しているのではないかと思われます。マスケットなどの銃による攻撃は1.5が、石弓兵などの弓による攻撃は0.5が設定されているので、小さいほうが命中率の低下の度合いが高いのではないかと推測されます
タグの名前は「perfectaccuracy」で、完全な正確さという意味だと思います。設定されている場合、「〇」が表示されます。石弓兵の遠隔攻撃には設定されていますが、マスケット兵の遠隔攻撃には設定されていなかったりするので、正確な意味はよくわかりません
タグの名前は「unintentionaldamagemultiplier」で、おそらく狙った目標とは異なる相手にダメージを与えたときの、ダメージの倍率を表しているのではないかと思われます
タグの名前は「conversiondelay」で、おそらく、転向にかかる時間の遅延を表しているのではないかと思います。インカの巫女のみに設定されています
タグの名前は「trackrating」で、おそらく、移動している敵を追跡するレートを表しているのではないかと思われますが、具体的な数値の意味はよく分かりません
タグの名前は「unrandomizecannonrof」で、設定されている場合は「〇」を表示します。おそらく大砲の発射頻度に乱数を用いないことを表しているのではないかと思われますが、違うかもしれません。私掠船など、ほんの一部の攻撃にしか設定されていないようです
オーラの対象が敵である場合に「〇」が表示されます。インドの「苦諦」を適用した際の、バラモンの敵の速度を低下させるオーラなどに設定されています
攻撃が、収納しているユニットの数に比例する場合に「〇」が表示されます。町の中心の攻撃に設定されています
一回のみの行動の場合に「〇」が表示されます。マナーハウスなどのユニット自動作成の行動に設定されています
その攻撃を行った際に自分のユニットの速度が増加する場合に「〇」が表示されます。調べてみたところ、25%速度が上昇するようです。主にユニットの近接攻撃に設定されているようですが、ハサーの防御モードの攻撃には設定されているが、白兵戦モードの攻撃には設定されていなかったりと、法則性はいまいちよくわかりません
敵速 その攻撃を行った対象の速度が低下す場合に「〇」が表jされます。調べてみたところ35%速度が低下するようです。こちらはほとんどの近接攻撃に設定されているようですが、アステカの戦闘神官など、設定されていないものもあるようです
その攻撃を行った際に発射する投射物のユニットが表示されます。この部分はリンクになっていますが、上部の「投射物表示」がOFFになっている場合は投射物が表に表示されないので、リンク切れになります
攻撃時した相手の速度を遅くする効果を持つ場合に「〇」が表示されます。インカの「チムーの支援」などによって特定のユニットの特定の行動に付加されます
攻撃時に自爆する場合に「〇」が表示されます。ペタードなどに設定されています
タグの名前は「aimbonus」で、おそらく照準のボーナスのことだと思われますが、数値の具体的な意味は不明です
タグの名前は「numberbounces」で、おそらく砲弾が着弾後に跳ねる回数だと思われますが、例えばスペインの大砲の場合、騎馬砲兵にのみ設定されているので違うかもしれません
攻撃時した相手に付着させる特殊効果が表示されます。インカのジャングル弓兵ののみ、毒を付着させる効果が設定されているようです
タグの名前は「donotautogatherunlessgathering」で、資源を収集時以外に無効になるという意味だと思います。アジアの農民の輸出ポイントの自動生成などに設定されています
タグの名前は「hidefromstats」で、その攻撃がユニットを選択したときに表示されないことを表します。入植者の一部の攻撃などに設定されています
対象 その行動の対象を表します

コミュニティプラザの踊りの行動の「他」の部分の表記について補足します。式の前に表示されるユニット名や、ユニットの種別に取り消し線が引かれているものは、それを対象としないことを表します。具体的には、「町の踊り」の戦術によって行われる「HP向上の踊り」の防壁が該当し、防壁のHPが上昇しないことを表します。

インカの「月の踊り」によって行われる行動の名前が「戦士長出現の踊り」になっていますが、これはデータが明らかに間違っていると思います。他にも、革命で建物からユニットなどが出現する行動の名前も変なのがたくさんあるようですが、これらの行動の名前は、実際のゲームの画面には表示されないので、修正されないかもしれません。

踊りの行動の「他」に記述されている式の「N」は踊りを踊っている人数を表します。ただし、戦闘神官は1人で2人分の踊りの効果を持ちます。式の前に「×」が表示されているものは、元の値に乗算するという意味を持ちます。
表に表示される式は、XMLのタグの名前から私が勝手に想像して作った式なので、実際の実際のゲーム上のデータとほとんどの場合は一致しません。そのため、表に書かれている式は、あくまで参考だと考えてください。参考までに、式で使われている値がxmlでどのように記述されているかを書きます。Dのべき乗の値は「modifyexponent」、そのあとに乗算している値は「modifymultiplier」、式の前に「×」が表示される場合は「modifybase」に「1」が設定されています。誰か、実際のゲーム上のデータと、これらのパラメータの関係を表す正しい式がわかる方がいればコメントに書いていただけると助かります。

「命令」は、「削除」など、ユニットに対して行えるもので、「戦術」は陣形など、複数の中から1つだけ選択できるものを表します。「行動表」と同様に、テクノロジーの効果などによって有効化されたものは、緑色の背景で表示されます。「命令」のうち、特定のテクノロジーが必要なものは、そのテクノロジーが一番右に表示されます。また、必要なテクノロジーが適用されていない場合は、全データ表示をOFFにすると表示されなくなり、ONにすると灰色の背景で表示されます。

「戦術」の「速」の列は、その戦術をとった時のユニットの速度に乗算される速度修正です。「行動」の列は、その戦術をとった時に取れる行動の一覧です。行動の右に数字が表示されていない場合は、その行動は常にとれる行動です。数字が表示されている場合は、優先度を表し、ユニットが置かれている状況でとれる行動のうち、最も優先度の高い行動をとるようです。「全データ表示」をONにした場合、適用不可になっている行動も灰色で表示されます。ただし、「待機中」や「船マネージャ」(船のデータに設定されている行動ですが、どのような行動化は不明)など、実際には取れそうな一部の行動は常に灰色で表示されるようです。

「能力」は、そのユニットの特殊能力を表します。表の各列の意味は以下の通りです。

説明
その能力の使用間隔です。使用してから、この時間(秒)が経過するまで使用できなくなります
その能力の効果の有効時間です
その能力の効果の半径です
回復の能力の場合の、総回復量です
「〇」が表示されているものは、使用するとそれらがすべて使用されたことになります(使用間隔の時間が経過するまで使用できなくなる)
その能力が、自分を対象とする場合に「〇」が表示されます
能力の使用時に停止しない場合に「〇」が表示されます
効果がHPの上限を無視する場合に「〇」が表示されます
能力がユニットを作成する場合、そのユニットが表示されます(例:ポルトガルの望遠鏡の能力は一定期間視界を持つユニットを作成します)
能力を配置(発動)可能する場所を表します。「全体」はマップ全体、「ユニット」は視界内のユニット、視界外可」は、視界外の任意の場所を表します
とくにゅ能力を発動した際にとる、ユニットの行動の名前が表示されます。ユニットの表の「行動」の列に表示されれる行動の名前に対応します
(インドのバラモン僧の)の気絶攻撃を行った際のユニットの行動の名前が表示されます
必要テク その能力の仕様に必要なテクノロジーを表示します。対応するテクノロジーが適用されていない場合は、能力の列の背景が灰色に、適用されている場合は緑色でひょうじされます
対象タイプ 能力の対象となるユニットの種類や、ユニット名が表示されます。取り消し線が引かれている場合は、それを対象外とすることを表します
能力の効果の種類を表します
説明 能力のアイコンの上にマウスを移動したときに表示される説明文です

テクノロジーの表の説明

最上部に表示されるボタンなどを使って、テクノロジーとカードーの設定を、登録したり、呼び出したりすることができます。各項目は左から順に、以下の意味を持ちます。
なお、カードの設定も同時に登録されるので、登録などの操作は、「カードの表」の所には表示されません。
設定は、文明ごとに登録可能です。

  • 現在のテクノロジーとカードの設定の名前
    現在設定中の名前が表示されます。一度も設定を登録していない状態では「未設定」が表示されます。
  • 登録ボタン
    現在の設定を登録するボタンです。名前を設定するパネルが表示されるので、名前を設定すると、その名前で設定が登録され、現在の名前がその名前に設定されます。なお、名前を空欄にしたり、同じ名前を複数登録することはできません。
  • 登録済の設定を選択するメニュー
    登録済の設定を選択するメニューです。なお、ここで、選択しただけでは、テクノロジーとカードの効果を適用したことにはなりません。
  • 選択中の設定の番号と、登録された設定の数を表す番号です。
  • 選択ボタン
    選択された設定を呼び出して適用するボタンです。
  • 更新
    選択された設定を、現在の設定で更新します。また、現在の設定の名前が、選択した設定の名前になります。このボタンをクリックすると、確認のパネルが表示されます。
  • 名前変更
    選択された設定の名前を変更するボタンです。
  • ↑と↓
    選択された設定の順番を前後に移動するボタンです。
  • 削除
    選択された設定を削除するボタンです。このボタンをクリックすると、確認のパネルが表示されます。

テクノロジーの表も、ユニットと同様に、それらを研究可能な建物ごとに分類して表が表示されます。一番上には、それらの建物の表へのリンクと、その下にその建物で適用されたテクノロジーの数と、研究可能なテクノロジーの数が表示されます。

建物の青いトグルボタンの右にも同様に、テクノロジーの数に関する表示が行われます。その右にある「クリア」ボタンをクリックすると、その建物のテクノロジーの適用がすべて解除されます。「全選択」ボタンをクリックすると、その建物で現在の「時代」までで適用可能な(進化、革命に関するテクノロジー、カードの適用が必要なテクノロジーを除く)すべてのテクノロジーが適用されます。

「原住民」の表には、選択したマップに出現する可能性のある原住民のリンクが表示されます。リンクをクリックすると、「ypNativeBhakti」のような名前のテクノロジーへ表示が移動します。このテクノロジーを適用すると、その原住民の交易所を建設して同盟を結んだことになります。なお、「ypNativeTreatyBhakti」のような名前のテクノロジーは、「先住民族の条約」のカードを適用した際に搬送されるユニットが設定されるテクノロジーです。
「ypNativeBhakti」のような名前のテクノロジーが存在しない原住民のテクノロジーは、カードの効果によって適用されるものです。

テクノロジーの名前のうち、日本語になっていないものは、対応する日本語や英語のデータが存在しません。それらは、特定のテクノロジーを研究すると自動的に研究されるものなので、表示用の名前が設定されていないようです。建物で直接研究するようなものではないですが、効果は発揮されます。

一番左の列には、そのテクノロジーが適用されているかどうかを表す以下の表のような記号が表示されます。また、テクノロジーの行の背景色は、この列のマークに応じた色で表示されます。

意味
テクノロジーが適用されていないことを表します。クリックすることで、そのテクノロジーを適用します。
テクノロジーが適用されていることを表します。クリックすることで、そのテクノロジーの適用が解除されます。解除したテクノロジーを前提とするテクノロジーはすべて適用が解除されます。
テクノロジーが他のテクノロジーの効果によって自動的に適用されていることを表します。クリックしても解除することはできません。
テクノロジーが適用されておらず、そのテクノロジーの前提条件となるテクノロジーが適用されていないことを表します。クリックすることで、そのテクノロジーを適用し、さらに、前提条件のテクノロジー(進化のテクノロジーも含む)もすべて自動的に適用されます。
進化、革命のテクノロジーで、同じ時代への進化(または革命)のテクノロジーが既に適用されていることを表します。クリックすることで、そのテクノロジーを適用し、適用されていた同じ時代への進化(または革命)のテクノロジーの適用を解除します。
× テクノロジーが他のテクノロジーの効果によって適用不可になっているか、前提となるテクノロジーが適用不能になっていることを表します。クリックしても適用することはできません。

進化に関するテクノロジーの適用のルールは以下のようになっています。以下の箇条書きは、少々ややこしいので、詳しい適用のルールを知りたい人だけ読めばよいと思います。

  • 上部の時代を選択するセレクタをクリックて時代を変化した場合、町の中心などで研究できる、その時代へ進化するための(複数ある)テクノロジーが新しく適用されたりはしない(後から適用することは可能)。その際に適用されるのは「その他」にある「商業の時代(スペイン)」のような文明ごとの進化のテクノロジーである。
  • 2つ以上先の時代をクリックした場合は、それ以前の文明ごとの進化のテクノロジーがすべて自動的に適用される。
  • 現在より、前の時代をクリックした場合は、それ以降の時代のテクノロジーはすべて自動的に解除される。
  • すでに適用されている、町の中心などで研究できる、時代を進化するテクノロジーを解除すると、その時代以降のテクノロジーは全て解除され、1つ前の時代へ戻る。
  • すでに適用されている、町の中心で研究できる革命のテクノロジーを解除しても時代は「工業の時代」のまま変わらない。
  • 革命のテクノロジーを適用すると、帝国の時代のテクノロジーは研究できなくなる。また、その逆も同様である。
  • 西洋以外の時代を進化させるテクノロジーを適用すると、同名のそれ以降の時代へ進化させるテクノロジーは研究できなくなる。
  • 西洋以外の時代を進化させるテクノロジーを適用した際に、それより先の時代ですでにそのテクノロジーが適用されていた場合は、それより先の時代の同名のテクノロジーは解除され、解除されたひとつ前の時代へ戻る。わかりにくいので例を示す。初期状態で、アステカの帝国の時代へ進化する「賢女」をクリックして適用すると、帝国の時代になり、商業、要塞、工業の時代(アステカ)のテクノロジーも自動的に適用されるが、その際に、商業、要塞、工業の時代へ進化するテクノロジーは選択されない。その状態で、商業の時代へ進化する「賢女」をクリックすると、帝国の時代へ進化する「賢女」は解除され、時代は工業の時代に戻る。

「文明」の列にはそのテクノロジーを研究できる文明の一覧が表示されます。その中で、現在上部で選択している文明は赤字で表示されます。

「フラグ」の列には、テクノロジーに設定されている主なものだけが表示されます(実際には表に表示されているものよりも多くのフラグがあります)。
フラグの「シャドー」は、そのテクノロジーが研究可能になり、前提条件が満たされた時点で、自動的に適用されるテクノロジーです。基本的に、ユーザーが能動的に研究して適用するテクノロジーではありません。ただし、町の中心で研究する、進化のテクノロジーのように、コストが必要な場合は、自動的に適用されたりせず、ユーザーが能動的に研究可能です。

前提や、効果の列のテクノロジーは、リンクになっており、クリックすることでそのテクノロジーへ表示が移動します。ただし、一部、リンク先のテクノロジーが表に存在しない(他の文明にしか存在しないテクノロジーや、カードなど)場合があり、その場合はクリックしても何も起きません。

他のテクノロジーを適用した際に、そのテクノロジーが「研究可能」、「自動的に適用」、「研究不能」になるテクノロジーの「前提」には、元となるテクノロジーが、後ろに「→」をつけて斜体で表示されます。

前提のうち、適用されていないテクノロジーは名前の前に「×」が、「研究不能(進化のテクノロジーで、その時代の他の進化のテクノロジーが適用されている場合も含む)」な場合は「※」が、その文明で研究できないテクノロジーは名前の前に「?」が表示されます。また、前提のうち、カードは斜体で表示されます。いずれか1つの前提を満たせばよい場合は、「以下のいずれか1つ」が最初に表示されます。

効果の表示の説明を以下に記します。

データの変更

データの変更は、ダメージ、収集効率など、数値データに影響する効果です。

データの効果の表の中のデータには特定のマークが表示される場合があります。それぞれのマークの意味は以下の通りです。

ユニットであることを表す
テクノロジーであることを表す
カードであることを表す
テクノロジーのフラグであることを表す
マークなし ユニットの種別など、上記以外であることを表す

データの効果の表は、左の列から順に以下のような意味を持ちます。効果の種類によっては一部の列が表示されない場合もあります。なお、「upgradetraderoute」など、一部の表示は、まだ日本語に対応していません。

  • A:効果を受ける、ユニット、建物、テクノロジー
  • B:効果の対象
  • C:効果の対象となる行動
  • D:効果の対象となる行動の種類
  • E:効果を表す数値

「Aの、Bに対するCのDがEだけ変化する」のように読み替えるとわかりやすいかもしれません。
例えば、「町の人」、「粉ひき所」、「採集」、「作業効率」、「+30%」の場合、
「町の人の、粉ひき所に対する採取の作業効率が+30%変化する」のようになります。
上記のように解釈できない場合でも、なんとなく雰囲気でわかるのではないかと思います。
Eの効果を表す数値は、「+10%」のように表示されている場合は、基本値に対してその割合だけ増減するという意味を持ちます。「+1」のように表示されている場合は、現在値に対してその値を加算するという意味を持ちます。「=1」のように表示されている場合は、基本値にその値を設定するという意味を持ちます。「*1.5」のように表示されている場合は、現在の値に、その値を乗算するという意味を持ちます。

Aは、テクノロジーの場合は「斜体」で、テクノロジーのフラグの場合は「太字で斜体」、ユニットまたはユニットの種類の場合は、通常の文字で表示されます。

データの変更2

データの変更とほぼ同じですが、複数のユニットを搬送する効果を持つものがあります。その場合は、2つ目のユニットと、搬送数は行の最後に表示されます。

テクノロジーに関する効果

「自動適用されるテクノロジー」、「研究可能になるテクノロジー」、「研究不能になるテクノロジー」の3種類があり、それぞれに対応するテクノロジーの一覧が表示されます。

時代の進化

時代を進化させる効果です。町の中心などで研究でき、同じ時代に進化するテクノロジーは複数あり、その中から1つだけ適用することができます(適用すると、他のテクノロジーは「□」マークが表示されるようになる)。なお、上部の「時代セレクタ」によって時代を進化させた場合は、時代の進化させるテクノロジー1つも適用されません。
進化時に自動的に適用されるテクノロジーのリンクが表示されます。進化時に自動的に適用されるテクノロジーは、文明ごとに異なっており、「商業の時代(スペイン)」のように表示されます。

名称変更

ユニットやテクノロジーの名称を変更する効果です。左から順に、「対象となるユニットやテクノロジー名前」、「変更後の名前」が表示されます。また、説明文の表示が変更される場合はその右に「説明文変更」と表示されます。さらに、名称変更の際に特定のテクノロジーの研究が必要な場合は、その右に「前提条件:テクノロジーの名前」が表示されます。前提条件のテクノロジーをその文明で研究できない場合は、「全データ表示」をONにした場合のみ、背景が灰色で表示されます。
なお、名称変更の設定で、変更前と変更後の名前が同一のものもあるようです。

封鎖

ホームカードを搬送できなくする効果です。帝国の時代の「封鎖」というテクノロジーを研究すると発動する効果です。

命令(ユニットまたはテクノロジーのこと)追加、命令削除

ユニットや建物にユニットやテクノロジーを追加したり、削除したりする効果です。
命令削除の場合は、削除された命令やユニットやテクノロジーは「その他」の表に移動します。
左から順に、「対象となるユニットや建物」、「追加または削除される命令(ユニットまたはコマンド)」が表示されます。

革命

西洋の文明の革命の効果を表します。まず、革命後に選択される(カードの表に表示される)デッキの名前(クリックするとそのデッキへ表示が移動します)が表示されます。革命の際に、入植者が革命家以外のユニットに変化する場合は、そのユニット名が表示されます。

力の生成

ラコタの「明けの明星」のカードの効果で、すべての敵と宝を一時的に明らかにする力(特殊能力)を発動します。なお、力の生成は、私の下手な訳で、元の用語はcreatepowerです。

資源変換

特定の資源を、別の資源に変換する効果です。最後に、変換の倍率が表示されます。

建物破壊時研究テクノロジー

インドの「武装」のカードの効果で、建物が破壊された際に、自動的に研究されるテクノロジーが表示されます。

敵の視界を共有

スパイのテクノロジーの効果で、敵の視界を共有できるようになります。

メッセージを表示

特定のメッセージを画面に表示する効果です。

ユニット変換

特定のユニットを、別のユニットに変換する効果です。

カードの表の説明

カードは、いくつかの表に分類されて表示されます。最初の5つが、プレイヤーが選択可能なカードの表です。
その下にそれぞれの分類で適用されたカードの数と、その分類のカードの数が表示されます。


西洋の文明の場合は、その下にいくつか、革命を行った際に自動的に選択される革命デッキが表示されます。革命デッキの右の()の中に表示される文字列が、テクノロジーの「革命」の効果で表示される文字列に対応します。

分類の青いトグルボタンの右にも同様に、カードの数に関する表示が行われます。その右にある「クリア」ボタンをクリックすると、その分類のカードの適用がすべて解除されます。「全選択」ボタンをクリックすると、その建物で現在の「時代」までで適用可能なすべてのカードが適用されます。

カードの表のうち、「レベル」と「前提」はあまり重要ではないので、上部にある「前提表示」ボタンをONにしなければ表示されないようになっています。

一番左の列には、そのカードが適用されているかどうかを表す以下の表のような記号が表示されます。また、テクノロジーの行の背景色は、この列のマークに応じた色で表示されます。

意味
カードが適用されていないことを表します。クリックすることで、そのカードを適用します。
カードが適用されていることを表します。クリックすることで、そのカードの適用が解除されます
カードが適用されておらず、そのカードを適用するために必要な進化が足りないことを表します。クリックすることで、そのカードを適用し、さらにそのカードを適用するために必要な時代を進化させます。
× 革命デッキのカードで、そのデッキを使用するための革命のテクノロジーを適用していないことを表します。クリックしても適用することはできません。

カードの効果の見方は、テクノロジーの表と同様です。

チームカードの表について

カードの表の中のチームカードの表はいくつか特殊な点があります。
まず、チームカードは全部で100種類以上あるので、常にすべて表示すると探すのが大変になるので、表の上に文明を選択するフィルターのボタンが表示されます。表示したいチームカードを使用できる文明をクリックして水色にし、右にある「適用」ボタンをクリックすると、それらの文明のチームカードが表に表示されるようになります。また、「クリア」、「全選択」をクリックすることですべての文明のフィルターを一括してクリア、または選択して表が表示されるようになります。
適用やクリアボタンをクリックしてチームカードの表に表示されるカードの種類を変更した場合、表示されなくなったチームカードは現在の文明のチームカードを除き、すべて解除されます。
現在の文明以外のチームカードは、上部で設定されている「時代」と無関係に適用することができます。
フィルターの上にある「クリア」、「全選択」ボタンは、チームカードの表の中の、現在の文明のチームカードには適用されません。

カードの表に関する注意点

「全データ表示」をOFFにした場合、カードの表の効果一部が表示されない場合があります。これらは、そのカードを適用するか、「全データ表示」をONにするとなおります。

効果の中の「テクノロジー」などのリンク先が(表に存在しないため)たどれない場合があります。これらは、「全データ表示」をONにしても解消されませんが、そのテクノロジーを適用すれば、それらのデータが表に追加され、たどれるようになります。

これは、カードによって適用されるテクノロジーの数が多く、常に表示してしまうと、表のデータが非常に多く、見づらくなってしまうためです。例えば、「血族」というカードは、50個の原住民に関するテクノロジーを自動的に適用する効果を持ち、このカードを適用すると、テクノロジーの「交易所」に50個のテクノロジーが追加されてしまいます。

カード(こちらはテクノロジーも含みます)の効果によって新しく作成可能になるユニットは、そのカードを適用したときにユニットの表に追加されます。同様に、カードの効果によって作成不能になるユニットは、そのカードを適用したときにユニットの表から削除されます(テクノロジーやカードによって搬送されるユニット「搬送ユニット」の表に残ります)。具体例としては、革命によって「革命家」が「町の中心」の表に追加され、「入植者」、「漁船」が「町の中心」と「港」の表から削除されます。

概要の表の説明

概要の先頭には、概要の各表へのリンクが表示されます。

概要の表には、以下の内容が表示されます。各内容の先頭には、トグルボタンが表示され、表示のON/OFFを切り替えることができます。今後様々なデータの表示を追加する予定です。

  • 文明特性
  • マップ
  • 搬送ユニットに関するデータ
  • 適用したテクノロジーの表
  • 適用したカードの表
  • 収支の表
  • その他

文明特性

選択中の文明に関する表を表示します。
搬送修正は、カードのレベルに対する修正値で、レベルの上昇に必要な経験値に対してこの値が乗算されます。
初期テクノロジーは、その文明を選択した際に自動的に適用されるテクノロジー、初期ユニットは初期に配置されるユニットを表します。
町の中心の初期ユニットは、ゲーム開始後に最初に町の中心を建設した際(ゲーム開始時に建設済の場合も含む)に得られるユニットを表します。

マップ

選択中のマップに関する表を表示します。
原住民の行には、そのマップで出現する可能性のある原住民の名前が表示されます(必ず出現するわけではありません)。また、原住民の名前は、テクノロジーの表の原住民の表の中の、該当する原住民と同盟を結ぶテクノロジーへのリンクになっています。
「定義された資源」は、マップデータ上で定義された資源のことで、それらがマップ上に配置される可能性があることを示しています(必ず配置されるわけではありません)。また、市場などの建物や資源の箱が定義されている場合は、それらはそのマップの開始時のボーナス資源として配置されるものだと思ってください(そうでないものもあるかも)。
マップの種類の行は、そのマップに対して設定されているマップの種類を表します。
マップの種類には、そのマップを選択した際に自動的に適用されるテクノロジーなどの情報が設定されます。ランダムなテクノロジーは、酒場や僧院のユニットに関するテクノロジーで、それらの中から「ランダムなテクノロジーの数」で設定されている数だけ、ランダムに選択されて適用されます。なお、テクノロジーの表には、それらすべてのテクノロジーが適用された状態になります(具体的には、酒場や僧院のユニットの表に、アウトロー以外のすべての傭兵のユニットが表示される)。
「シルクロード」など、複数のマップの種類の中からランダムに1つ選択されるものがあります。その場合は、いくつかのマップは、表の最上部の行のボタンで、それらの中から1つを選択するようになっています。選択していないマップの種類の列は灰色で表示されます。
マップ上に配置される財宝には1~4、12、99のレベルがあり、それぞれのレベルの財宝が「財宝レベル〇」の行に表示されます。
レベル1~4は、レベルが高くなるにつれて守り手が強く、財宝が豪華になります。レベル12はチーム全体に資源が得られるもの、レベル99はシルクロードの、交易所を得られるものを表します。

マップの種類によるテクノロジーの効果をユニットの表やテクノロジーの表に影響させたくない場合は、上部のマップに「なし」を設定して下さい。

搬送ユニット

搬送されたユニットに関する表を表示します。搬送されたユニットが存在しない場合は、「なし」が表示されます。
表は、「資源の箱」と「ユニット」に分けて表示されます。

資源の箱の表

資源の箱が搬送されていた場合に表示される表です。表の「テクノロジー」の列は、その資源を搬送するテクノロジーまたは、カードを表します。各資源の列は、各行の資源の箱によって得られる資源の合計を表します。一番下の行に、得られた資源の合計が表示されます。

ユニットの表

ユニットが搬送されていた場合に表示される表です。ユニットの名前の後ろに()が表示されている場合は以下の意味を表します。

  • (〇〇F)が表示されている場合は、家畜のユニットで、その分だけ肥った状態で搬送されることを表します。
  • (ユニット数による[〇〇])が表示されている場合は、[]の中に記載されているタイプのユニット数に応じた数のユニットが搬送されることを表します。
  • (アクティブな研究数による)が表示されている場合は、適用されているテクノロジーの数に応じた数のユニットが搬送されることを表します。

適用したテクノロジーの表

能動的に適用したテクノロジーの表(他のテクノロジーによって自動的に適用されたものは含みません)を表示します。適用したテクノロジーが存在しない場合は、「なし」が表示されます。

各資源の列は、各行のテクノロジーを適用する際に必要となる資源を表します。
現在適用されている時代に進化するためのテクノロジーが適用されていない場合は、表の下に、「商業の時代」のような、リンクになっていない項目が表示されます。これらの進化のコストは標準的な進化コスト(例えば、商業の時代への進化であれば800F)が表示されます。
一番下の行に、必要となる資源の合計が表示されます。

適用したカードの表

能動的に適用したカードの表を表示します。適用したカードが存在しない場合は、「なし」が表示されます。

各資源の列は、各行のカードを適用する際に必要となる資源を表します。
一番下の行に、必要となる資源の合計が表示されます。

収支の表

上の行から順に、搬送された資源の箱による収入、適用したテクノロジーに必要な支出、適用したカードに必要な支出、それらの合計を表す表が表示されます。

収支の表に関する注意点

テクノロジーの効果によって、適用したテクノロジーやカードのコストが変化した場合、収支の表は、すべて変更後のコストで計算が行われます。
また、「封鎖」や「スパイ」など、コストが変動するテクノロジーは、最小のコストで計算が行われます。

その他

以下の効果を持つテクノロジーが適用されていた場合、それらの一覧が表に表示されます。

  • 市場の売買率の変化
  • 革命
  • 視界の共有
  • 封鎖
  • 身代金のコスト上昇
  • 人口上限の上昇
  • 資源(XP,搬送など)の取得
  • 交易路のアップグレード
  • ユニットの回復可
  • 収支の表
  • 資源の変換
  • ユニットの変換
  • 同盟の更新
  • 視界の表示
  • 経験値の代わりに資源を取得
  • 資源返却

フィルターの説明

フィルターは、表に表示する項目を設定する機能です。なお、フィルターの設定は、ウィンドウ上部の「%表示」、「元データ表示」、「全データ表氏」、「重複表示」の設定も含みます。

最上部に表示されるボタンなどを使って、フィルターの設定を、登録したり、呼び出したりすることができます。各項目は左から順に、以下の意味を持ちます。基本的には、テクノロジーとカードの設定の登録と同様です

なお、濃い水色のボタンは、現在設定されているフィルターの設定が表に反映されることを表します。

  • 現在のフィルターの設定の名前
    現在設定中のフィルターの名前が表示されます。一度もフィルターを登録していない状態では「未設定」が表示されます。
  • 登録ボタン
    現在のフィルターの設定を登録するボタンです。フィルターの名前を設定するパネルが表示されるので、名前を設定すると、その名前でフィルターの設定が登録され、現在のフィルターの名前がその名前に設定されます。なお、名前を空欄にしたり、同じ名前のフィルターを複数登録することはできません。
  • 登録済のフィルターを選択するメニュー
    登録済のフィルターを選択するメニューです。なお、ここで、選択しただけでは、フィルターを適用したことにはなりません。
  • 選択中のフィルターの番号と、登録されたフィルターの数を表す番号です。
  • 選択ボタン
    選択されたフィルターの設定を呼び出して適用するボタンです。
  • 更新
    選択されたフィルターの設定を、現在のフィルターの設定で更新します。また、現在のフィルターの名前が、選択したフィルターの名前になります。このボタンをクリックすると、確認のパネルが表示されます。
  • 名前変更
    選択されたフィルターの名前を変更するボタンです。
  • ↑と↓
    選択されたフィルターの順番を前後に移動するボタンです。
  • 削除
    選択されたフィルターの設定を削除するボタンです。このボタンをクリックすると、確認のパネルが表示されます。

その下には、フィルターの表へのリンクが表示されます。

その下には、各表の項目の一覧の表が表示されるので、左の「〇」、「×」の部分をクリックすることで、その項目を表に表示するかどうかを設定できます。設定後に、表の上部の「適用」ボタンをクリックすることで、その表のみの設定が反映されます。「全適用」ボタンをクリックすると、他の表の設定を含む、すべてのフィルターの設定が反映されます。

表の上部にある「リセット」ボタンは現状の設定に戻す、「全選択」は全ての設定を「〇」にする、「全クリア」は据えての設定を「×」にするという意味を持ちます。ただし、「全選択」、「全クリア」をクリックしてもその後「適用」ボタンをクリックしない限り、設定は反映されません。

「ユニットの種別」のフィルターの表は他と異なり、右に「AND」、「OR」の列があります。この部分をクリックして「〇」にすると、「〇」にした項目を使ったユニットの種別によるユニットの検索を行うことができます。ANDの列は「〇」がついたユニットの種別をすべて持つユニットを、ORの列は「〇」がついたユニットの種別のいずれかを持つユニットを検索することを表します。ANDの場合はクリックして「×」にすることができ、その場合は、その種別を含まないNOT検索を行うことができます。ANDとORの両方を「〇」か「×」にした場合、ORの条件が優先されます。
「ユニットの種別」の表の「ユニットの種別」の列をクリックすることで、その種別のみをAND検索し、結果を表示することができます。また、ユニットの表の中の「ユニットの種別」を表す部分は、ユニットの種別のフィルターの対応する項目へのリンクになっており、その種別のユニットの一覧をすぐに検索できるようになっています。
検索結果の表は「検索結果」の列に表示されます。検索結果の表の一番左の列は、ユニットを訓練する建物(またはユニット)、その右の列は検索されたユニットを表します。また、ORの列に「〇」を設定して検索した場合は、その右に「〇」を設定したユニットの種別の列が表示され、その行のユニットが、その列のユニットの種別を持つ場合は「〇」が表示されます。
「別ウィンドウで検索」ボタンをクリックすることで、検索結果を別ウィンドウに表示することができます。

データの説明

ゲームに関する様々なデータの表が表示されます。現バージョンでは「AIタイプ」の表が表示されます。

AIタイプ

ユニットに設定されているAIタイプに関する表です。AIタイプによってそのユニットが「攻撃可能なユニットの種類」、「自動攻撃を行うユニットの種類」、「反応攻撃を行うユニットの種類」、「逃走不可かどうか」が設定されています。「反応攻撃」の具体的な意味は不明ですが、おそらく、攻撃された際に反応して攻撃する、動物や果物に反応するなどの意味があるのではないかと思われます。

表にはそれぞれに対応する記号とユニットの種別が表示されます。この記号は、ユニット表の被AIに表示される記号に対応しています。

ただし、「〇」が表示されている場合は全てのユニットが対象となることを表し、「×」が表示されている場合はその行動を行うユニットが存在しないことを表します。

「逃走不可」の場合は「〇」が表示されていれば攻撃されても逃走しないことを表します。

既知の不具合

現在わかっている不具合について説明します。

オスマン帝国の「ハンガリー」の革命を適用した際の不具合

オスマン帝国で「ボスタンシ」(ハサーのアップグレードのテクノロジー)を適用後に、「ハンガリー」の革命を適用すると、「ボスタンシ」の適用が解除されてしまいますが、実際にその手順でプレイすると、「ボスタンシ」の効果は解除されないようです。
これは、「ハンガリー」の革命の効果に「ボスタンシ」を「適用不可」にする効果が含まれており、本アプリのアルゴリズムでは、どうしてもその際に「ボスタンシ」の適用が解除されてしまうためです。今のところうまい対処法が見つかっていません。非常にレアなケースなので対処法を思いつかない限り、そのままにしておくことにします。

注意点など

間違っている部分があるかもしれません。間違いを見つけた方は、コメントに書いていただければ、(修正するのが困難でなければ)そのうち修正しようと思います。

データファイルを解析して、自動的に各文明の表のデータを作っています。表示される日本語のほとんどは、元のデータで使われているものがそのまま使われています。従って、「魚雷」など、明らかに変な日本語になっているのは、私のせいではありません。

今後の予定

ver1.100までほぼ毎日更新してきましたが、実装したいことは大体実装できたので、今後の更新は不定期にはバグがあった時の取りと、データのバージョンアップ時の対応を行う予定です。追加機能の要望があればコメントに書いてもらえれば、実装できそうであれば実装するかもしれません。

データの中で、個人的に設定ミスでは?と思った点

ドイツの馬車農民は通常の農民の2倍の性能なのですが、町の中心の建設速度のみ通常の農民と同じになっているようです。
革命で搬送できる「ボリーバル」の特殊能力の名前が「ダメージオーラ」(英語版も同様)になっていますが、実際には周囲のHPを+5%上昇させる効果のようです。

更新履歴

    更新情報

  • 2021/4/15:ver1.102:
    アメリカ合衆国に一応対応しました。ただし、合衆国は新要素が多いので、表のデータはまだいろいろと対応できていない所があります。
    今、ちょっといろいろと忙しいので、あまりこちらに手をかけられないのでしばらくはこれで我慢して下さい。
  • 2021/3/18:ver1.101:
    データを、3/16の update 20322 に対応しました。
    新しいデータに合わせて少しだけプログラムを修正しました(特に表示される内容が何か変わったわけではありません)
  • 2021/2/17:ver1.100:
    探索者などの、発見の行動が灰色で表示される不具合を修正しました。
    日本の弓僧兵の「聖なる一撃」が翻訳されない不具合を修正しました。
    ユニット表と、概要のマップの表に、「定義された資源」を追加しました。マップデータ上で定義された資源のことで、それらがマップ上に配置される可能性があることを示しています(必ず配置されるわけではありません)。また、市場などの建物や資源の箱が定義されている場合は、それらはそのマップの開始時のボーナス資源として配置されるものだと思ってください(そうでないものもあるかも)。
  • 2021/2/16:ver1.99:
    マップに複数のマップタイプが設定されている場合、そのうちの1つを選択できるようにしました。
    ジャンク船など、複数の原住民を同盟したときに作成できるユニットの、原住民の列に、全ての原住民を表示するようにしました。
  • 2021/2/15:ver1.98:
    テクノロジの全適用がうまくいかなくなった不具合を修正しました。
    オスマンのガード擲弾兵、インペリアル擲弾兵など、一部のテクノロジーが適用できない不具合を修正
    ユニットにも同盟を結んだ場合に作成可能な原住民の列を表示するようにしました。ただし、カードの効果で搬送される原住民のユニットは同盟とは関係がないので表示されません(一部、データの設定上表示されるものもあるようです)
    マップに「なし」を選択すると表が正しく表示されない不具合を修正しました。
    概要の搬送ユニットの表の見出しの「資源」が正しく翻訳されない不具合を修正しました。
  • 2021/2/14:ver1.97:
    原住民のテクノロジーのうち、カードの効果によって自動的に適用されるものが、その原住民と同盟を結ぶテクノロジーを適用していない場合に「△」になってしまう不具合を修正しました。
    複数の原住民と同盟を結ぶテクノロジーで自動的に適用される「YPNativeCatamaran」などのテクノロジーが、自動的に適用されず、そのため原住民と同盟を結ぶテクノロジーを適用しても先住民大使館、倭寇ジャンク船などが表に表示されない場合がある不具合を修正しました。
    原住民のテクノロジーが、その他に表示されてしまう不具合を修正しました。
  • 2021/2/13:ver1.96:
    概要のマップの原住民のデータが正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
    テクノロジーの表に原住民の表を追加しました。
    原住民の表には、選択したマップに出現する可能性のある原住民のリンクが表示されます。リンクをクリックすると、「ypNativeBhakti」のような名前のテクノロジーへ表示が移動します。このテクノロジーを適用すると、その原住民の交易所を建設して同盟を結んだことになります。なお、「ypNativeTreatyBhakti」のような名前のテクノロジーは、「先住民族の条約」のカードを適用した際に搬送されるユニットが設定されるテクノロジーです。
    テクノロジーの表に原住民の列を追加しました。
    テクノロジーの、原住民のテクノロジーを原住民の種類でソートするように修正しました。
    概要のマップの原住民の行のデータを、テクノロジーの表の原住民の該当する同盟を結ぶテクノロジーへのリンクにしました。
  • 2021/2/12:ver1.95:
    概要のマップの表に、原住民の行を追加しました。そのマップで出現する可能性のある原住民の名前が表示されます(必ず出現するわけではありません)。
    概要の表のいくつかのデータが、元データ表示に対応していない不具合を修正しました。
    概要の表のユニットの種別に、フィルターへのリンクを追加しました。
    概要のその他の「同盟の更新」で一部の原住民の名前が翻訳されない不具合を修正しました。
  • 2021/2/11:ver1.94:
    ユニットの表の、守り手のユニットにテクノロジーの効果が適用されていない不具合を修正しました。なお、守り手に適用される効果は、原住民の戦士長がその守り手を転向した際に適用されます。敵の場合は、元の能力値です。
    守り手のダメージのボーナスに、建物が複数表示される不具合を修正しました。
    日本を表示するとエラーになり正しく表示されない不具合を修正しました。
    ユニットの表に「財」の列を追加しました。日本の「山の戦士」などで、特定のユニットが財宝を取得したときの資源の入手倍率を表します。
    上部の時代のボタンをクリックした時に、その時代へ進化するテクノロジーへ移動しなくない不具合を修正しました。
  • 2021/2/10:ver1.93:
    概要のマップのマップの種類の、財宝のテクノロジーをテクノロジーの表の財宝の表に表示するようにしました。
    財宝のテクノロジーのうち、英雄のHP,速度を向上させるものは重複するので、同じものを3つ財宝の表に表示し、3つまで重複して適用できるようにしました。
    表の一番左の列の部分で、「×」など、クリックしても何も反応しないものの背景色を灰色で表示するようにしました。
    上部のマップのメニューの並び順が辞書順になるようにしました。
    ユニットの表の「種別」列の項目が、フィルターの該当する部分へのリンクになるように修正しました。
    概要のマップのマップの種類に、財宝レベル12、99を追加しました。レベル12はチーム全体に資源が得られるもの、レベル99はシルクロードの、交易所を得られるものを表します。
  • 2021/2/9:ver1.92:
    概要のマップのマップの種類に、財宝レベル1~4を追加しました。
    Guardianの訳を「ガード」から「守り手」に修正しました。
    財宝の守り手と、財宝から得られるユニットを、ユニット表の「守り手」と「財宝」の表に表示するようにしました。
  • 2021/2/8:ver1.91:
    概要の表の一部の先頭の列の表示の色を変更しました。
    概要のマップに「マップの種類」を追加しました。マップによって自動的に適用されるテクノロジーを表に追加し、それらが適用されるようにしました。
    詳細は「概要の表の説明」の所を参照して下さい。
  • 2021/2/7:ver1.90:
    概要の一部が元データ表示に対応していなかった不具合を修正しました。
    上部に「マップ」を選択するプルダウンメニューを追加しました。現バージョンではマップを選択すると、概要の「マップ」にマップの説明情報が表示されるようになります。
    概要に、選択したマップの情報を表示するようにしました。
  • 2021/2/6:ver1.89:
    カードの表に、チームカードの表を追加しました。チームカードの表はいくつか特殊な点があるので、詳細は「カードの表について」を参照して下さい。
  • 2021/2/5:ver1.88:
    2/2のアップデート(update 14825)に対応しました。
    フィルターのユニットの種別のANDの条件をクリックして「×」にすることで、それを含まない(NOT)の条件による検索を行えるようにしました。
    フィルターのユニットの種別の検索結果を別ウィンドウで表示できるようにしました。
    フィルターのユニットの種別の検索結果の表に、AND検索の項目の列も表示するようにしました。
    Firefoxで表を表示した際に、一部の罫線が表示されなくなる不具合を修正しました。
  • 2021/2/4:ver1.87:
    表の中でクリックすると何かが起きるセルの背景色を薄い緑色で表示し、マウスを上に移動するとマウスポインタの形状が変化するようにしました。
    フィルターに「ユニット種別」を追加しました。一番左の列をクリックして選択することで、ユニットの表のユニット種別の列に表示される項目を設定することができます。
    右のANDとORの列をクリックして「〇」にすることで、ユニット種別によるユニットの検索を行うことができます。検索結果は、表の右の「検索結果」の列に表示されます。
    また、表の中のユニットの種別をクリックすることで、そのユニット種別のユニットをすぐに検索することもできます。
    ユニットの表の中の「ユニットの種別」を表す部分を、「ユニットの種別」のフィルターの表の対応する項目へのリンクにし、その種別のユニットの一覧をすぐに検索できるようにしました。
    詳細は「フィルターの説明」を参照して下さい。
  • 2021/2/3:ver1.86:
    新しく、データの表を作成し、上部にそこへ表示を移動する「データ」のボタンを追加しました。
    データに「AIタイプ」の表を追加しました。AIタイプは、ユニットのAIタイプに対する表で、詳細は「データ」の「AIタイプ」の説明を参照して下さい。
    ユニットの表に、待機時間、被AIの列を追加しました。被AIは、AIタイプの種類に対応した記号で、AIタイプについては、「データ」の表にある「AIタイプ」の表を参照して下さい。
  • 2021/2/2:ver1.85:
    概要のテクノロジーの表が、上部の元データ表示をONにした際に正しく表示されなかった不具合を修正しました。
    概要のテクノロジーの表に、シャドーの前提条件の列を追加しました。
    概要のテクノロジーの表の、適用元テクノロジーに、実際には適用されていないテクノロジーが表示されないようにしました。
    ユニットの表に「移動タイプ」、「障害物の範囲」、「自動攻撃範囲」、「AIタイプ」、「腐敗」を追加しました。
    ユニットの表の列の意味をユニットの表の説明の所に表でまとめました。
  • 2021/2/1:ver1.84:
    概要のテクノロジーに、自動適用されたテクノロジーの表を追加しました。
    概要のテクノロジーの表で、「商業の時代」などの進化のテクノロジーがリンクになっていなかった不具合を修正しました。
    ユニットの表の行動の表に「投射物」の列を追加しました。
    じょうぶに「投射物表示」のトグルボタンを追加しました。ONにすると、ユニットが発射する投射物がユニットの表に表示されるようになります。
    ユニットの表で列のデータが「重複表示」をONにした場合に表示される「-」だけだった場合、その列を表示しないようにしました。
  • 2021/1/31:ver1.83:
    データの計算中に、画面に「表データの計算中です」を表示するようにしました。
    ユニットの表に「訓練ユニット」の列を追加しました。この列は、そのユニットが行えるユニットの作成または建物の建築を表しています。テクノロジーの効果によって作成可能になったユニットや建物には「+」が、作成不能になったユニットや建物には「×」が表示されます。ただし、建築時に自動的に生成されるユニットや、定期的に生成されるユニットは含みません(そちらは、行動の表に表示されます)
  • 2021/1/30:ver1.82:
    全文明のユニット、カード、テクノロジーに対応しました。
    前回のバージョンで誤ってテクノロジーのダメージに対する効果が反映されなくなった不具合を修正しました。
    建物は開示研究テクノロジーを表に表示するようにしました。
    インドの「草地」の効果が正しく適用されない不具合を修正しました。
    いくつかのユニットの種別が翻訳されない不具合を修正しました。
  • 2021/1/29:ver1.81:
    バラモンの踏みつぶしを正しく翻訳するようにしました。
    ユニットの行動表の確率に対するテクノロジーの効果が、すべての行動に適用される不具合を修正しました。
    カルニ マータの行動が正しく表示されるように修正しました。
    ユニットの種別にフレイルエレファントが正しく表示されるようにしました(原因は元データ綴りのミス)
    %表示をONにした際に資源を長持ちを表す<>に対する表示がうまくいっていなかった不具合を修正しました。
    バラモンの特殊能力の踏みつぶしが灰色で表示される不具合を修正しました。
    特殊能力の気絶攻撃の列に、ダメージ値を表示するようにしました。なお、ダメージが設定されていないので、探検の時代にこのダメージ値は表示されません。
  • 2021/1/28:ver1.80:
    すべての日本の「テクノロジー」と「中国」の効果に対応しました。
    中国のロシア遠征部隊で送られてくるカムイルクが表に入っていない不具合を修正しました。
    テクノロジーの効果で、すべてのテクノロジーに適用する効果に対応しました。
    上部のカードの適用数を表す数字の部分で、西洋以外の文明で革命カードの適用数を表示しないようにしました。
  • 2021/1/27:ver1.79:
    中国の小林老師の熱気球が行動可能になっていた不具合を修正しました。
    ユニット表の発車数の列を廃止し、ダメージの列のダメージの値の後に×3のように表記するように修正しました(オルガン砲、連弩兵などが該当)
    ユニットの行動表のダメージの列の中身が全てからの場合に、表示しないようにしました。
    ユニット表に「頤和園」の表を表示するようにしました。
    中国のpopulationcapextraの効果を概要のその他に表示するようにしました。
    ユニット表に小林老師などのクリティカル攻撃の確率、倍率などを表す「確」(確率、ダメージ倍率、、タイプ)の列を追加しました。
    上記の確率に影響を与えるテクノロジーの効果に対応するようにしました。
  • 2021/1/26:ver1.78:
    すべての日本の「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    道場や中国の小屋など、ユニット表の中で、複数の種類のユニットを作成するものに対応しました。具体的には、ユニット作成の列を追加し、そこに作成されるユニットの一覧が表示されるようにしました。
    それらのユニット(足軽軍など)に何故か設定されている、視界や行動を表示しないようにしました。なお、道場の足軽軍など、自動的に生産されるものに対してもコストが設定されているようですが、それらは生産時に実際に消費されるわけではありません。
    道場の戦術の表の行動の色が変だった不具合を修正しました。
    概要の搬送ユニットの表のテクノロジーが改行されていなかった不具合を修正しました。
  • 2021/1/25:ver1.77:
    概要の文明特性の文化の行が正しく翻訳されない場合がある不具合を修正しました。
    ロシアのユニットで、まとめて複数生産されるユニットのコストを、生産する数に対応したコストを表示するように修正しました。また、生産する数を<×3>のように表示するようにしました。
    %表示をONにした際に表示される内容の一部が、%表示をOFFにしても表示される不具合を修正しました。
    道場の行動を正しく表示するように修正しました。
  • 2021/1/24:ver1.76:
    概要に文明特性を表示するようにしました。
    文明特性の町の中心の初期ユニットは、最初に町の中心を建設した際(あらかじめ建設されている場合も含む)に得られるユニットのことです。これらは概要の搬送ユニットの表に表示されます。
    概要の搬送ユニットの表の表示が「元データ表示」をONにした際に対応していなかったグフ愛を修正しました。
    ユニットの表に「初期ユニット」の表を追加しました。文明特性の「初期ユニット」が表示される表です。
    ユニットの表に、回復率の列を追加しました。上段は1秒当たりの回復率(単位%。ただし、負の場合は割合ではなく1秒あたりに減るHPの量)、下段は回復が始まるまでに必要な待機状態の秒数を表します。
    テクノロジーの表の革命の効果に、革命の人種を表示するようにしました。
  • 2021/1/23:ver1.75:
    ユニット表の行動に、戦術にない行動を表示しないようにしました。この修正により、例えば日本の弓僧兵の行動の中の戦術にない(実際に取れない)行動や、初期状態の社の経験値自動収集などが表示されなくなりました(結構大掛かりに修正したので、他の部分で不具合が出ているかもしれません。それらは見つけ次第修正する予定です)
  • 2021/1/22:ver1.74:
    テクノロジーの建物の育成時間の効果(日本の「幕府」のカードに設定)に対応しました。
    カードによって経験値、輸出ポイント、搬送を取得できる効果を、概要のその他から、搬送ユニットの表に移動し、収支表にも表示するようにしました。
  • 2021/1/21:ver1.73:
    データを1/20のパッチ(update 13088)に更新しました。
    ユニットの表の命令の表の中で、テクノロジーを必要とする場合にそのテクノロジーを表示するようにしました。
    ユニットの表の命令の表の中で、必要なテクノロジーが適用されていないものを表示しないようにしました。ただし、全データ表示をONにすると灰色の背景で表示されます。
    概要のその他で、「trade」(輸出ポイントのこと)が正しく翻訳されるようにしました。
    テクノロジーやカードの効果で、2つのユニットを搬送するものがある場合、2つ目のユニットが表に表示されない不具合を修正しました。
    明治維新が常に適用できてしまう不具合を修正しました。
  • 2021/1/20:ver1.72:
    明治維新が適用できない不具合を修正。なお、明治維新を適用すると帝国の時代になりますが、帝国の時代のテクノロジーの効果で、明治維新そのものは適用不可となります。そのため、概要のテクノロジーには明治維新は入らず、収支表の帝国の時代には通常の4000食料、4000金が入ります。
    金閣寺の行動が正しく表示されるように修正しました。
    進化のテクノロジーの表示の順番が変になっていた不具合を修正しました。
    カードの表に、テクノロジーのtechwithflagが設定されている効果が適用されない不具合を修正しました。
    概要のその他に「ユニット作成単位」と「同盟」を表示するようにしました。
  • 2021/1/19:ver1.71:
    アジアの文明で、上部の時代の右に、「領事館」を表示するようにしました。クリックすると領事館の同盟を結ぶテクノロジーへ移動します。また、同盟を結んだ場合、どの同盟を結んだかが表示されます。
    領事館のテクノロジーの表に、「結んだ同盟でとれる以外のテクノロジー」、「結んでいない同盟国との国交停止」、「同盟中のヨーロッパとの国交開始」を表示しないようにしました。ただし、全データ表示をONにした場合はすべて表示されます。
    領事館のテクノロジーの表で、複数の同盟を結ぶテクノロジーを同時に適用できないようにしました。時代を進化させるテクノロジーと同様に、他の同盟を結ぶテクノロジーを適用すると、それまでの同盟は自動的に解除されます。
  • 2021/1/18:ver1.70:
    テクノロジーの効果で、値を設定する効果(Assgin)の処理を修正しました。正しくは、この効果を適用すると、それまでの効果をすべてリセットした上で、値が設定されるのですが、そのような処理になっていませんでした。例:以下の計算がこれまでのバージョンで正しく計算できていなかった。弓僧兵の破壊攻撃は、進化のテクノロジーでそれまでの効果をすべてリセットして「1500」になる。革命デッキの「市民権」で農民のコストがそれまでの効果(例えば医術)を無視して金70になる。その際に医術を適用していた場合は、医術に設定されている効果はリセットされているので適用されず、代わりに「DEREVMedicine」で設定されている効果が適用される。スウェーデンは、傭兵のカードのコストが0.9倍になるが、傭兵の忠義のカードを適用するとその効果がリセットされ、傭兵の忠義で設定されたコストになる。
  • 2021/1/17:ver1.69:
    ユニット表の日本の弓僧兵の初期状態で、「忍び足」を表示しないように修正しました。
    表のヘッダ行以外でも、マウスを止めておくと説明が表示されるようにしました。
    ユニット表と、テクノロジーの表の先頭のリンクに、アジアの複数のワンダーが表示されないように修正しました。
    ユニット表に、各時代ごとにデータが設定されているアジアのワンダーを1つだけ表示するように修正しました。全表示をONにするとすべて表示されます。
    輸出ポイントを取得するテクノロジーを適用した際に、概要に表示するようにしました。
  • 2021/1/16:ver1.68:
    すべてのインカの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    ユニットの表に「踊りの重み」の列を追加しました。
    ユニットの表の行動の表に「罠」(相手の動きを遅くする効果。インカの「チムーの支援」などによって付加される)の列を追加しました。
    テクノロジーの「転向耐性」などが、対応するユニットの行動のみに適用されるように修正しました。
    テクノロジーの効果の「ダメージ上限」、「寿命」に対応しました。
    テクノロジーの効果の「ユニット変換」で、変換後のユニットもユニット表に表示するようにしました(その文明で元々作成できないユニットに変換される場合は、その他の表に入ります)。
    ユニットの命令に、戦術に関係するものも表示するようにしました。
  • 2021/1/15:ver1.67:
    アステカのその他のユニット表に、ボデノショニの戦士長が入らないようにしました。
    インカのコミュニティプラザのスカルナイト出現の踊り(データ表記はスカルナイト出現の踊りとなっているが実際には戦棍兵が出現する。元データの設定ミスです)に関する表示が変だったのを修正しました。
    テクノロジーの効果の搬送(カードのこと)を得る効果を適用した場合に、「概要」に表示するようにしました(インカの「インティの祝祭」など。なお、表には「船」と表記されますが、これは元データはShipsで、「搬送物」の翻訳ミスだと思われます)
    ユニット表に、ジャングル弓兵の攻撃による「毒ダメージ」を表示するようにしました。
    ユニット表に、寿命の列(上記の毒ダメージに設定)を追加しました。
  • 2021/1/14:ver1.66:
    すべてのアステカの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    前回の更新で、カードの効果で自動適用されるテクノロジーが、適用できなくなってしまった不具合を修正しました。
    テクノロジーの効果で、防御力を上昇させる効果に対応しました。
    ユニットの表のコミュニティプラザのスカルナイトに関する表示が変だったのを修正しました。
    アステカのユニット表のリンクにボデノショニの戦士長が入らないように修正しました(これは元データのバグだと思います)
  • 2021/1/13:ver1.65:
    すべてのラコタの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    踊りの効果で出現するユニットが、その踊りを使用できる時代に合わせてコミュニティプラザの表に表示されるように修正しました。
    全データ表示をONにした場合に、カードの効果で自動的に適用されるテクノロジーを表に表示するようにしました。
  • 2021/1/12:ver1.64:
    すべてのボデノショニの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    テクノロジーの効果で、値を上書き(Override)する効果に対応しました。具体的には、原住民の町の人の「鉱床」に対して適用されています。
    表では上書きの効果を「→0」のように表記するようにしました。
    「待機中」の行動(原住民の町の人の「鉱床」に対する行動)を表に表示するようにしました。
    能力の表に「使用時間の共有」の列を表示するようにしました。
  • 2021/1/11:ver1.63:
    革命時の上部の革命のボタンに、革命の国の名称を表示するようにしました。
    革命デッキの()の中に革命の国名を表示するようにしました。
    コミュニティプラザの行動と戦術に、その時代でとることができない踊りを表示しないようにしました。ただし、全データ表示をONにした場合は、灰色の背景で表示されます。
    戦術の表に、その戦術を使用可能な時代を表示する列を追加しました。この列は踊りの戦術のみ設定されています。
    戦士長の行動に、「護衛兵を雇用」が表示されない不具合を修正しました。
  • 2021/1/10:ver1.62:
    テクノロジーとカードの設定を保存し、メニューから呼び出すことができるようにしました。詳細は、ドキュメントの「テクノロジーの説明」を参照して下さい。
  • 2021/1/9:ver1.61:
    フィルターの設定を保存し、メニューから呼び出すことができるようにしました。詳細は、ドキュメントの「フィルターの説明」を参照して下さい。
    フィルターの表の上に、「全適用」ボタンを追加しました。こちらは、その表だけでなく、すべてのフィルターの表の設定を適用するという意味を持ちます。
  • 2021/1/8:ver1.60:
    フィルタに、行動表、戦術表、能力表、テクノロジー表、カード表を追加しました。
  • 2021/1/7:ver1.59:
    現在の設定をブラウザに自動的に保存するようにしました(次に立ち上げたときに、前の設定(文明やテクノロジーの適用状況)が再現されるようになる)
    ユニットの表のフィルターの機能を実装しました。上部のフィルターボタンをクリックして表示される表から、表示したい項目を選択し、「適用」ボタンをクリックすることで、選択した項目だけが表に表示されるようになります。下記に説明を追加したので、詳細はそちらをを参照して下さい。
    上記に伴い、上部の「説明表示」などの、ユニットの表の一部の項目の表示の切り替えを行うボタンを削除しました。
  • 2021/1/6:ver1.58:
    ユニットの行動のうち、その文明で行えないものを表示しないようにしました。
    ユニットの行動のうち、特殊能力によるものの背景色を黄色で表示するようにしました。
    ユニットの行動のうち、特殊能力で、テクノロジーの条件を満たしていないため使用できないものは、全データ表示をOFFにした場合表示しないようにしました。また、ONにした場合は背景を暗い黄色で表示しるようにしました。
  • 2021/1/5:ver1.57:
    能力に表示する項目を増やしました。ユニット表の説明に能力の説明を追加したので詳細はそちらを参照して下さい
    フラグにシャドーが設定されているテクノロジーも、前提に常に表示するようにしました(フラグにシャドーが設定されているテクノロジーによって自動適用されたテクノロジーが、どのテクノロジーによって適用されたかを前提の列から辿れるようにするため)
  • 2021/1/4:ver1.56:
    ユニット表に、ユニットの能力の列を追加しました。テクノロジーの効果で使用できるようになった能力は緑色で、現在使用できないものは灰色で表示されます。現バージョンでは、他と異なり、「全データ表示」がOFFになっていても、現在使用できないものは常に表示されます。
  • 2021/1/3:ver1.53:
    ユニットの命令の列に、「その命令で生成されるユニットとその数」、「その命令で変換するユニット(壁→門のことです)を表示するようにしました。
    ユニットのその他の列で、踊りの効果などの式のDのべき乗を、Nのべき乗に変更しました(この効果は、ダンス以外にも、タシェンカプロウラーにもあったため、D(dance)からN(Number)に変更した)
    民兵、非正規兵、衛兵を表示するようにしました。また、それらのユニットを町の中心の表に背景が水色(一度だけ生成されるので)で表示するようにしました。
    スパイの行動に「忍び足」が表示されない不具合を修正しました。
    ユニットのその他の列で、乗算に関するデータが正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
  • 2021/1/2:ver1.54:
    すべてのスウェーデンの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    戦術の表に、「陣形タイプ」、「反射ダメージ」、「防御ボーナス」、「態度」の列を追加しました。
    テクノロジーの命令の追加の行動の効果によって、ユニットの表の命令が追加されるように修正しました。
  • 2021/1/1:ver1.53:
    ユニット表の戦術に、速度修正の列を追加しました。
    ユニット表の戦術に、その戦術でとることができる行動の一覧と、優先度を表示しました。優先度が表示されていないものは使用可能、表示されているものは、その中で最も優先度の高い行動をとれるようです。
    ユニットの他の表示が一部変になっていた不具合を修正しました。
  • 2020/12/31:ver1.52:
    テクノロジーなどの効果によって戦術を許可されたユニットが、新しく取れるようになった行動をユニットの表に表示するように修正しました。具体的には、コミュニティプラザの踊りや、ステルスの戦術を許可するカードなどが挙げられます。
    コミュニティプラザの踊りの行動のその他に、踊りの効果と、計算式を表示するようにしました。計算式の意味について、ユニットの表に追記しました。
    踊りの効果によって出現するユニットを、ユニット表のコミュニティプラザの表に表示するようにしました。
    範囲ダメージが存在しないが、ダメージの上限が設定されている場合、ダメージと上限のダメージが改行せずにくっついて表示されてしまう不具合を修正しました。
  • 2020/12/30:ver1.51:
    ユニットの表の中の行動の表に、列を追加しました。かなりあるので、詳細は、ユニットの表の説明の所に記述したのでそちらを見てください。
  • 2020/12/29:ver1.50:
    ユニットの表に戦術の列を追加しました。
    ユニットの表の行動のうち、踊りに関する内容を戦術の列に移動しました。
    命令は、「削除」など、ユニットに対して行えるもので、「戦術」は陣形など、複数の中から1つだけ選択できるものを表します。
    上部に「命令表示」のボタンを追加し、ONにすることで、ユニットの表に戦術の列が表示されるようにしました。
  • 2020/12/28:ver1.49:
    ユニットの表に、命令の列を追加しました。
    上部に「命令表示」のボタンを追加し、ONにすることで、ユニットの表に命令の列が表示されるようにしました。
  • 2020/12/27:ver1.48:
    テクノロジーの防御タイプを変更する効果に対応しました。
    テクノロジーの、行動を可能にする効果の不具合を修正しました。
    フラグに、食料、木、金の市資源ケースを表示するようにしました。
    ユニットの自動生成に関する処理の不具合を修正しました。
    テクノロジーの資源返却(スウェーデンの「ヴァーサ」)を適用した際に概要の「その他」に表示するようにしました。
  • 2020/12/26:ver1.47:
    ユニットの行動のうち、autorangedmodifyに対応しました。具体的には、魚雷の資源収集、戦士長のオーラなど、一定の範囲に自動的に適用される効果を持つ行動のことです。
    作成できなくなったユニットのデータに下線が引かれてしまう不具合を主性しました。
    作成できなくなったユニットが、全データ表示をONにした場合に表示されない場合がある不具合を修正しました。
    「%表示」をONにした際に、テクノロジーの効果で、データに特定の数字を適用する場合に[=〇〇]を表示するようにしました。
  • 2020/12/25:ver1.46:
    すべてのオスマン帝国の「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    オスマン帝国で革命時に、町の中心の表の入植者が自動生成の色で表示される不具合を修正しました。
    ユニット作成時に、自動作成されるユニットが、表に正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
    革命、カードの効果により、ユニットから一度だけ出現するユニットを「その他」に表示するようにしました。これにより、革命、カードの効果にそれらのユニットの効果が表示されない場合がある不具合が修正されました。
    オスマン帝国の「フンバラク部隊」を適用した際に、「ガード擲弾兵」の効果が、表に反映されない(HPなどが+60%ではなく、+30%になっていまう)不具合を修正しました。
    テクノロジーの資産の量を変更する効果(シルクロードのカード)に対応しました。
    オスマン帝国の革命に関する、不具合について、既知の不具合に記載しました。
  • 2020/12/24:ver1.45:
    すべてのドイツの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    ドッペルゾルドナーのアップグレードテクノロジーが適用できない不具合を修正しました。
    擲弾筒の効果で、擲弾兵を作成できるようになる文明で、擲弾兵の背景色が変化しない不具合を修正しました。
    他のユニット作成する命令を削除した後に、そのユニットが有効化された場合に、有効化されていないにも関わらずユニットの表に表示されてしまう不具合を修正しました。
    ユニットの先頭のリンクに、表が存在しないリンクが表示されてしまう場合がある不具合を修正しました。
  • 2020/12/23:ver1.44:
    すべてのオランダとロシアの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    テクノロジーの前提の「又は」に関する処理が間違っていたのを修正しました。
    テクノロジーで人口上限に「-1」を設定する効果は、意味的には人口上限を撤廃するという意味なので、その効果が適用された場合の表示を「∞」にしました。
    搬送ユニットなどに、進化、革命のテクノロジーによるものも含むように修正しました。
    テクノロジーの命令追加の効果によって、ユニットが他のユニットを出現させる行動が追加された場合、出現するユニットを出現元のユニットの表に表示するようにしました。
    ロシアのインペリアルパブロスを研究できない不具合を修正しました。
    テクノロジーの全選択時に、ロシアのテクノロジーが正しく選択できない不具合を修正しました。
    一度だけ搬送されるユニットの、背景色が一部間違っていた不具合を修正しました。
    元々そのユニットを作成可能な建物に、そのユニットが出現する(ストレレッツ軍団の効果など)場合、そのユニットに色がつかないようにしました。
    概要のその他に、ユニットの変換を表示するようにしました。
  • 2020/12/22:ver1.43:
    すべてのポルトガルの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    テクノロジーの効果に最小射程に対応しました。
    ポルトガルの探索者が「その他」の表に入らない(搬送ユニットのほうにのみ入る)不具合を修正しました。
    前提条件が「いずれかのテクノロジー」となっているテクノロジーを適用した際に、前提条件のすべてのテクノロジーが適用されてしまう不具合を修正し、1つ目の前提条件のみを適用するようにしました。
    テクノロジーの「視界の表示」、「経験値の代わりに資源を取得」の効果を「概要」に表示するようにしました。
  • 2020/12/21:ver1.42:
    すべてのフランスの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    ユニットの行動のうち、テクノロジーなどによって追加された行動の背景色を若干濃くしました(ユニットの背景色と区別がつかない場合がったため)
    ダメージボーナスの乗算の記号を「*」から「×」にしました。
    ユニットの行動のうち、攻撃でないものに対して、ダメージボーナスが表示される不具合を修正しました。
    abstractnuggetland, abstractnuggetwaterの表示を日本語化しました。
    革命時に、一部の帝国の時代のテクノロジーが表から消えてしまう不具合を修正しました。
    テクノロジーの効果によって、研究可能になったテクノロジーを適用後、元のテクのロジーを解除しても、そのテクノロジーが適用されたままになる不具合を修正しました。例:フランスの「擲弾筒」を適用後、あたし苦適用可能になった「ベテラン擲弾兵」を適用しし、その後「擲弾筒」を解除した場合、「ベテラン擲弾兵」が適用されたままになっていた。
  • 2020/12/20:ver1.41:
    全てのイギリスの「テクノロジー」と「カード」の効果に対応しました。
    「アクションの追加」の表記を(他の表記に合わせて)「行動の追加」に変更しました。
    テクノロジーの行動の追加の効果が一部正しく反映されない不具合を修正しました。
    テクノロジーの行動可能、行動の追加による効果をユニットの表に表示するようにしました。
    ユニットの行動のうち、ユニットを1回のみ出現させるものに、「1回のみ出現」を表示するようにしました(イギリスのマナーハウス、幌馬車、トラボイなど)
    テクノロジーの効果の中で、特定のフラグを持つテクノロジーに対して効果を持つものが正しく動作するように修正しました。
    テクノロジーの「回復可」を適用した場合に「概要」に表示するようにしました。例:革命デッキの「徴兵」による効果など。
    テクノロジーの「命令の追加」に対応しました。
    テクノロジーの「資源変換」を適用した場合に「概要」に表示するようにしました。
  • 2020/12/19:ver1.40:
    データを12月18日のupdate 10807に対応しました。
    「概要」に「同盟の更新」の効果(例:カナダの革命デッキの「アメリカ先住民族の盟友」など)を表示するようにしました。
    「有効化」されていない状態で、建物建設時に生成されるユニットが表示されてしまう不具合を修正しました。例:イギリスで革命を適用した際に、マナーハウスの表に入植者が表示されてしまっていた。
    一度有効でなくなったユニットが再び有効化された際に、建物建設時に生成されるユニットの色が間違っていた不具合を修正しました。例:イギリスで、革命後に「市民権」のカードを適用した際のマナーハウスの入植者の色が変だった。
    「アクティブな研究数によるホームシティからの搬送」の効果が、対象となる研究をその文明が研究できない場合も通常通り表示されてしまう不具合を修正しました。
    テクノロジーの効果の「アクションの追加」に対応しました。例:エジプトの革命デッキの「ナイルの氾濫」を適用すると、粉ひき所の行動に「食料限」が追加される。
    ユニットの表の色を一部微調整しました。
  • 2020/12/18:ver1.39:
    上部に「重複表示」ボタンを追加しました。OFFにすると、ユニットの表の中で、既に別の表で表示したユニットのユニット名をそのユニットのデータへのリンクにし、データを「-」で省略するようになります(表のスリム化の機能です)。
    ユニットの表の「搬送ユニット」の中で、搬送されていないユニットの背景色を変えました。
    ユニットの表の「その他」に、カードの効果によって作成できるようになるユニットを表示するようにしました。これで、テクノロジーやカードの効果に、作成できないユニットへの効果が表示されない不具合が解消されます。
    作成できなくなったユニットの背景色を少し明るくしました(有効化されていない行動の色と区別がつかなかったため)
    背景色が変化したユニットの行動のうち、有効化されていない行動の色が灰色にならない不具合を修正しました。
    データ2の効果で搬送されたユニットが、搬送ユニットの表の中で色が変化しない不具合を修正しました。
    全データ表示をOFFにした場合、初期状態で適用されるテクノロジーが、前提に表示されないようにしました。ONにすると、これまで表示されなかった「探検の時代(スペイン)」なども表示されるようにしました。
    初期状態で適用されるテクノロジー以外のテクノロジーで、ユニットが特定の建物などで作成できるようになった場合、その建物の表でそのユニットの色を変化させるようにしました。
  • 2020/12/17:ver1.38:
    ユニットの表で、「建設時に生成されるユニット(例:マナーハウスからの入植者)」、「定期的に自動生成されるユニット(例:工場からの重カノン砲)、「カードによって搬送されたユニット」、「テクノロジーの効果などによって作成可能、または作成不能になったユニット(例:革命時の革命家、入植者)」に対して色を付けて区別できるようにしました。詳細は、ユニットの表の説明を見てください。
    上記の修正に伴い、ユニットの表の、搬送ユニットに、他のユニットから作成できるユニットも表示するようにしました。また、搬送ユニットの中で搬送されたユニットを表の先頭に表示するようにしました。
    建設時に生成されるユニットが正しく表に反映されない(例:初期状態で、マナーハウスの表に長弓兵が入る)不具合を修正しました。
  • 2020/12/16:ver1.37:
    概要に、「その他」を追加しました。詳細は概要のその他の説明を見てください。
    インカで、カードを適用した際に表が表示されない不具合を修正しました。
    テクノロジーを全選択した際に、ユニットの名前が変になる(竜騎兵がインペリアルでなく、ガード竜騎兵になるなど)不具合を修正しました。
    テルシオなど、ガード化が直接行えないユニットのインペリアル化のテクノロジーが「×」になって選択できない不具合を修正しました。
    テクノロジーの前提に、そのテクノロジーを「適用可」にする、または「適用」するテクノロジーが正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。
    時代セレクタをクリックした時に、表示が移動しないことがある不具合を改善しました。
  • 2020/12/15:ver1.36:
    スペインのボリーバルのオーラに対応しました(名称はダメージオーラになっていますが、実際の効果は、周囲のユニットのHP+5%です。表記データの設定ミスだと思われます)
    ユニットの表の分類に、実際に搬送されたユニットのみを入れるようにしました。例:スペインのボリーバル、日本の徳川家康、各種トラボイなどは、それらがテクノロジーまたはカードで搬送された場合のみ、ユニットの表の分類に出現するようになります(ユニットそのものは、搬送ユニットに表示されます)。これで日本のユニットの表などが初期状態ではかなりすっきりしたと思います。
    カードの表に、ユニットの表と同様に、「全選択」ボタンを追加しました。
    概要の各項目をトグルボタンにし、表示のON/OFFを設定できるようにしました。
    下記の「概要の表」に注意書き(テクノロジーの効果によって研究コストが変わった場合、収支表は変更後のコストで計算するなど)を追記しました。
  • 2020/12/14:ver1.35:
    全データ表示をOFFにした場合に、一部の効果が表示されない場合がある不具合を修正しました。
    テクノロジーの、ダメージオーラを行動可能とする効果に対応しました。例:「塗油」で「宣教師」の行動に「ダメージオーラ」が追加されるようになった。
    「%表示」をONにした際に、マイナスの効果が[+-1]のように表示される不具合を修正しました。
    テクノロジーの、ユニットを行動可能にする効果で、「0」が設定されている行動を、ユニットの表で「全データ表示」をOFFにした場合に表示しないようにしました。また、ONにした場合は、灰色の背景で表示されるようにしました。
    テクノロジーの「ダメージの範囲」と「攻撃頻度」に影響する効果に対応しました。
    データへ乞うで、全データ表示をOFFにした場合、その文明で研究できないテクノロジーを表示しないようにしました。
    他のテクノロジーの効果で、割引されたテクノロジーやカードを適用した場合、概要の表で正しくコストが表示されない不具合を修正しました。
    「スペイン」のテクノロジー、カードの効果に全て対応しました。
    下記の「カードの表」に、注意書き(一部のカードの効果は、そのカードを適用しないと表示されない場合があるなど)を追記しました。
  • 2020/12/13:ver1.34:
    テクノロジーの表で、コストに輸出ポイントが表示されない不具合を修正しました。
    概要に、テクノロジー、カード、収支の表を追加しました。
    概要の冒頭に、各表へのリンクを表示するようにしました。
    概要の表の名前の横に、概要へ移動するリンクを表示するようにしました。
    概要の表の表示形式を修正しました(資源ごとに列を用意し、表の一番下に合計を表示するようにした)
  • 2020/12/12:ver1.33:
    全データ表示をOFFにした場合、一部の効果が表示されない不具合を修正しました。
    全データ表示をOFFにした場合、テクノロジーの名称変更の効果のうち、その文明が作成できないユニットを表示しないようにしました。
    カードの表の下に、新しく「概要」を表示するようにしました。現バージョンでは、概要には搬送されたユニットのデータが表示されます。詳細は、「概要」の所を参照して下さい。
  • 2020/12/11:ver1.32:
    データを12月8日の最新のパッチ(update 9476)のデータにしました。表のデータが新しくなっているかどうかは(アステカのユニットの戦士長の表(2つあるうちの前のほう)に新しいパッチで追加された「イーグルスカウト」が表示されていることで確認できます。表示されない場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてください。
    特定のテクノロジーを研究すると、テクノロジーのその他の表の「商業の時代」などのテクノロジーが表示されなくなる不具合を修正しました。
    特定の進化のテクノロジーを研究したときに研究可能となるテクノロジーを適用した後、その進化のテクノロジーの適用を解除したときに、研究可能となっていたテクノロジーが適用されたままになる不具合を修正しました。
    テクノロジーの「全選択」ボタンをクリックした際に、特定のテクノロジーが選択されない不具合を修正しました。
  • 2020/12/10:ver1.31:
    前のバージョンで発生した、テクノロジーを適用した際に、時代が正しく設定されなくなった不具合を修正しました。
    革命時に、インペリアルハサーなど、帝国の時代のテクノロジーが「△」マークで表示され、クリックすると、その前提となるテクノロジーが適用されてしまう不具合を修正しました。現バージョンでは「×」が表示されます。
    テクノロジーの「全選択」ボタンをクリックした際に、適用されないはずのテクノロジーが適用できてしまう不具合を修正しました。
    テクノロジーの前提が、適用不能な場合に「※」マークが表示されない場合がある不具合を修正しました。
    革命時に、「帝国の時代」のテクノロジーを、適用不能として扱うように修正しました。
    テクノロジーの前提が、適用不能な場合、そのテクノロジーも適用不能にするようにしました。
  • 2020/12/9:ver1.30:
    上部に、時代ごとのカードの適用数(一番右はカードの合計、その左は革命デッキのカードの適用数を表します)を表示するようにしました。その右にカードの適用をすべて解除するボタンを追加しました。
    カードの表の一番上の、分類のリンクの下に、それぞれの分類で適用されているカードの数と、その分類のカードの総数を表示するようにしました。
    カードの各分類の表のトグルボタンの右に、その分類で適用されているカードの数と、その分類のカードの総数を表示するようにしました。また、その右に、その分類で適用されているカードをすべて解除するボタンを追加しました。
    カードの表で、カードを適用した際に、そのカードの時代に自動的に進化するようにしました。
    時代が変更された際に、適用できなくなったカードの適用を自動的に解除するようにしました。
    上部のテクノロジーの「クリア」ボタンをクリックした際に、カードも解除されてしまう不具合を修正しました。
    テクノロジーのその他の表に関する細かい不具合をいくつか修正しました。
  • 2020/12/8:ver1.29:
    テクノロジーの表の、「その他」の中で、自動的に適用されないものを表示しないようにしました(それらは、研究できないので)。
    カードの表も、テクノロジーの表と同様に、クリックして適用できるようにしました。ただし、現バージョンでは、カードのすべての効果には対応していません。今後対応していく予定です。
    カードの表のチェックに進化が足りない場合は「△」を表示するようにしました。ただし、現バージョンでは、「△」のカードを適用した場合、時代が自動的に進化しません(後日対応します)。
    カードの表の革命デッキのカードは、そのデッキに対応する革命を起こしていない場合は、「×」を表示し、適用できないようにしました。
    上部の「時代セレクタ」をクリックした際に、テクノロジーの表の、クリックした時代へ進化するテクノロジーへ表示が移動するようにしました。
    上部の「時代セレクタ」に「革命」を追加しました。なお、革命をクリックしただけでは、革命を起こすテクノロジーへ表示が移動するだけで、革命したことにはなりません。革命を起こすテクノロジーを適用すると、時代セレクタの「革命」ボタンに、どの革命を起こしたかが表示されるようになります。
    時代セレクタの、「革命」以外のボタンをクリックすると、革命を起こすテクノロジーの適用が解除されるようにしました。
    テクノロジーの効果の、「革命」の中の名前の部分(DERevArgentinaなど)をリンクにし、クリックすると対応する革命デッキの表へ移動するようにしました。
  • 2020/12/7:ver1.28:
    名称変化の効果が複数適用された場合にまだ不具合があったので修正しました。
    データ変更の、研究済の場合のホームシティからの搬送で、テクノロジーが研究済でない場合に、灰色で表示するようにしました。テクノロジーがその文明で研究できない場合は、「全データ表示」をONにしなければ表示しないようにしました。
    テクノロジーの効果の人口カウントの変更に対する効果に対応しました。
    テクノロジーの効果の命令追加の効果に対応しました。
    ユニット表から、テクノロジーを研究しなければ作成できないユニット(搬送ユニットを除く)を削除しました。
    データ変更の、「近接攻撃ダメージ」の効果が間違っていたのを修正しました。
  • 2020/12/6:ver1.27:
    テクノロジーの効果のうち、数値に加算する効果を、最後に適用するように修正しました(これまでは、加算したあと、+20%などの効果を適用していたので、例えば「移民」によって英雄のHPの計算がおかしなことになっていた)
    1つ前のバージョンで発生した細かい不具合を修正しました。
  • 2020/12/5:ver1.26:
    テクノロジーの、ユニットの近接攻撃のダメージに対する効果に対応しました。
    テクノロジーの、ダメージボーナスに対する効果に対応しました。なお、これにより、そのユニットに攻撃できない行動に、ダメージボーナスが表示される場合がありますが、対処が困難なのでそのまま表示することにします。例:「対歩兵旋条」を適用すると、スカーミッシャーの「攻城攻撃」に、重装歩兵に対するダメージボーナス*2が表示されるようになる。
  • 2020/12/4:ver1.25:
    テクノロジーの、ユニットの速度に対する効果に対応しました。
    テクノロジーの効果の表の中のデータの意味が分かりづらかったので、ユニットの前に「●」、テクノロジーの前に「■」、カードの前に「◆」、テクノロジーのフラグの前に「▲」を表示するようにしました。何も表示されない場合は、ユニットの種別などを表します。
    テクノロジーの効果のうち、その文明が作成できないユニットに対する効果を表示しないようにしました。ただし、「全データ表示」をONにすると表示されるようになります。
    カードを前提条件とするテクノロジーを適用した場合、そのカードも適用するようにしました。
    ただし、現バージョンでは、カードの効果を適用できるのはこの場合だけで、カードの表から個別にカードを適用することはできません。また、現バージョンでは適用したカードの効果を解除するには、一旦文明の文明を選択して変更してください。
    他のテクノロジーの効果によって自動適用されるテクノロジーの、前提条件が満たされない場合に、そのテクノロジーに△マークが表示され、クリックして手動で適用できてしまう不具合を修正しました。
  • 2020/12/3:ver1.24:
    搬送されたユニットが、そのユニットを作成できない建物の表に入ってしまう不具合(スペインの矛槍兵など)を修正しました。
    フラグにシャドーが設定されているテクノロジーの効果が2重に適用されてしまう不具合を修正しました。
    カードを前提とするテクノロジーを表に表示するようにしました(ただし、現バージョンでは、そのテクノロジーを適用することはできません)。例:教会のカードを必要とするテクノロジーなど
    テクノロジーの「全選択」ボタンをクリックしたときの挙動の不具合を修正しました。
  • 2020/12/2:ver1.23:
    テクノロジーの、建築時間に対する効果に対応しました。
    町の中心などで研究できる、進化のテクノロジーを前提条件とするテクノロジーを、△ではなく、×にしました。そのテクノロジーは、前提となる進化のテクノロジーを研究しない限り、適用することはできません。例:スペインの「インペリアル石弓兵」は、「教皇の護衛兵」を適用しない限り、適用できない。
    前提の中で、「研究不能(進化のテクノロジーで、その時代の他の進化のテクノロジーが適用されている場合も含む)」な場合は先頭に「※」を表示するようにしました。
    前提に、カードを適用しなければ研究できないテクノロジーを表示しないようにしました(ただし、全データ表示をONにすれば表示されます)。例:スペインの「ガード矛槍兵」。なお、現バージョンではカードを適用できないので、このテクノロジーは適用できません。
    特定のユニットや建物に対して、複数の名称の変更の効果が適用された場合に、正しい名前が適用されるように修正しました。
    名称変更の効果で、前提条件があるもので、その前提条件を研究できない場合、それを表示しないようにしました(全データ表示をONにした場合は背景が灰色で表示される)。
    テクノロジーの命令削除の効果に対応しました。この効果が適用されると、削除されたユニットまたはテクノロジーは、「その他」の表に移動します。例:スペインの「テルシオ」を適用した場合の「ガード長槍兵」、革命時の「入植者」や「漁船」など。
  • 2020/12/1:ver1.22:
    テクノロジーのフラグの「シャドー」に対応しました。フラグの「シャドー」は、そのテクノロジーが研究可能になり、前提条件が満たされた時点で、自動的に適用されるテクノロジーです。基本的に、ユーザーが能動的に研究して適用するテクノロジーではありません。ただし、町の中心で研究する、進化のテクノロジーのように、コストが必要な場合は、自動的に適用されたりせず、ユーザーが能動的に研究可能です。
    「全データ表示」をONにした場合、「シャドー」のテクノロジーの前提に、そのテクノロジーを研究可能にするテクノロジーを表示するようにしました。
  • 2020/11/29:ver1.21:
    前提条件があるテクノロジーのうち、その前提条件をその文明で研究できないものを表示しないようにしました。前提条件の中で、いずれか一つが適用されていればよい場合、それらの前提条件の中でその文明で研究できないものは先頭に「?」を表示するようにしました。
  • 2020/11/28:ver1.20:
    ユニットの表の行動のうち、特定のテクノロジーなどの効果によって有効化されるものを表示しないようにしました。ただし、「全データ表示」をONにすると背景が灰色の列に表示されます。
    テクノロジーの効果で、ユニットの特定の行動を有効化する効果に対応しました。有効化された行動は背景が緑色の列に表示されます。
  • 2020/11/27:ver1.19:
    ユニットの表に、収納タイプを追加しました。収納可能な建物の場合に、その建物に収納可能なユニットまたはユニットの種別が表示されます。また、×マークが表示されている場合は、それが収納できないことを表します。例:町の中心は、「農民」という種別のユニットを収納できますが、×がついている「漁船」という種別のユニットは収納できません(注:「漁船」という種別のユニットは同時に「農民」という種別を持っています)。
    上記に合わせて、ユニットの種別に表示される種別を2つ(「斥候発見」と「騎兵・歩兵」)追加しました。
  • 2020/11/26:ver1.18:
    ダメージを与えない行動に対して、ダメージに影響を与えるテクノロジーの効果が適用されていた不具合を修正しました。
    最大射程距離を変化させるテクノロジーの効果に対応しました。
    視界を変化させるテクノロジーの効果に対応しました。
  • 2020/11/25:ver1.17:
    一部の文明のデータがうまく見れなくなっていたバグを修正しました。
  • 2020/11/24:ver1.16:
    0テクノロジーの効果で、名称変更が、説明に対しても影響を与えていたバグを修正しました。説明変更の効果が正しく反映されるようにしました。
    テクノロジーやカードによって搬送されるユニットを、ユニットの表に追加しました。
    ユニットの分類に、テクノロジーやカードによって搬送されるユニットを表す「搬送ユニット」を追加しました。これで「その他」に分類されるユニットが減ってわかりやすくなったと思います。なお、「全データ表示」をOFFにした場合、建物から自分で作成可能なユニットは、「搬送ユニット」には表示されなくなります。
    「全データ表示」をOFFにしたときに、データの変更のうち、特定のユニットを対象とする効果で、その文明でそのユニットを作成できないものを表示しないようにしました。
  • 2020/11/23:ver1.15:
    上部に「全データ表示」ボタンを追加しました。このボタンをONにすると、ユニットの行動表の中の「採取」の項目に、その文明で作成できない建物が表示されないようになります(表をスリム化するための機能です。今後、「採取」以外にも対象を広げていく予定です)。
    テクノロジーの効果のうち、ユニットの特定の攻撃のみを対象とする効果が正しく適用されるようにしました。例:これまでは、パーカッションロックを適用すると、船のすべての攻撃のダメージが+50%されていましたが、今回の修正で、「片舷斉射」のみダメージが+50%されるようになりました。
    ユニット表に資源の初期値と最大値を表示する列を追加しました。最大値は、羊など、時間の経過で肥っていく家畜のユニットのみ表示され、肥り切った時の資源の最大値を表します。
    ユニット表に、建物の最大建設人数を表示する列を追加しました。
    ユニット表に、建物や資源の、最大収集人数を表示する列を追加しました。
    ユニット表に、ユニットから自動生成されるユニット(イギリスの家や、スウェーデンの魚雷など)を追加しました。その結果、全文明のユニット表に、「魚雷」が表示されるようになりましたが、魚雷はスウェーデンのチームカードですべての文明が建設可能なので、残しておくことにします。
    表示されるウィンドウ幅を少し拾え、文明のセレクタが1行で表示されるようにしました。
  • 2020/11/22:ver1.14:
    進化、革命のテクノロジーに関する処理を修正し、矛盾が起きないようにしました。具体的には、同じ時代に進化するテクノロジーの中の1つのみ適用できるようにし、それ以外は「□」マークを表示するようにしました。革命のテクノロジーを適用した場合は、帝国の時代への進化のテクノロジーを選択できないように、帝国の時代への進化のテクノロジーを適用した場合は、革命のテクノロジーを選択できないようにしました。詳細については、テクノロジーの説明を参照して下さい。
    他のテクノロジーによって適用できないようになったテクノロジーの前提に、そのテクノロジーの適用を禁止したテクノロジーを斜体で表示し、後ろに「→」を表示するようにしました。
  • 2020/11/21:ver1.13:
    他のテクノロジーの効果によって自動的に適応されるテクノロジーの前提に、その効果を自動的に適用するテクノロジーを斜体で表示し、後ろに「→」を表示するようにしました。テクノロジーを適用、解除した際に、進化に関するテクノロジーを正しく、適用または解除するようにしました(例えば、帝国の時代が適用されているときに、商業の時代を解除すると、工業の時代、帝国の時代の適用が解除されるなど)。
    町の中心などで研究できる、時代を進化させるテクノロジーを適用した際に、他の同じ時代へ進化させるテクノロジーの適用を解除するようにしました。
  • 2020/11/20:ver1.12:
    テクノロジーの先頭のリンクの一覧の下に、その建物で適用されたテクノロジーと、その建物で研究可能なテクノロジーの数を表示するようにしました。テクノロジーの、建物のボタンの右にも同様の表示を追加しました。建物のボタンの右に、その建物のテクノロジーを全てクリアするボタンと、現在の時代で研究可能な全てを適用するボタンを追加しました。
  • 2020/11/19:ver1.11:
    テクノロジーを適用する際に、前提条件のテクノロジーを自動的に適用するようにしました。テクノロジーを解除する際に、それを前提条件とするテクノロジーを自動的に解除するようにしました。上部に、テクノロジーの時代を選択するボタンを追加しました。また、選択した時代以外のテクノロジーをすべて解除するボタンと、選択した時代までのすべてのテクノロジーを選択するボタンを追加しました。ボタンの形状を変更(角をさらに丸くした)し、トグルボタンと見た目で区別がしやすいようにしました。
  • 2020/11/18:ver1.10:
    表の中の、ユニットやテクノロジーにリンクにしました。ただし、表示されている文明が作成できないユニットやテクノロジーの場合はリンクになりません。
    バージョンの情報をタイトル(タブ)に表示するようにしました。
  • 2020/11/17:ver1.09:
    テクノロジーの表の左に新しく列を作り、そこをクリックすることで、そのテクノロジーの適用をON/OFFできるようにしました。テクノロジーの前提で、適用されていないテクノロジーの前に「×」を表示するようにしました。詳細は、テクノロジーの説明を参照してください。
  • 2020/11/15:ver1.08:
    これまでは、ユニット、テクノロジー、カードの表を上のボタンで切り替えていましたが、それだと異なる表に対するリンク(例えばテクノロジーの表にある、カードへのリンク)がうまくたどれないので、3つの表を同時に表示するようにしました。
    上部のボタンの表示を固定しました。
  • 2020/11/11:
    データを11月13日のパッチ(update 6159)のものに差し替えました。
  • 2020/11/11:ver1.07:
    11/11 ユニット表の、行動をソートしました。同じ内容の行動を1つの行にまとめました。これでかなり見やすくなったと思います。
  • 2020/11/10:ver1.06:
    テクノロジーとカードの表に「フラグ」の列を追加しました。「データの効果」の最初の列のデータが、テクノロジーの場合は「斜体」、テクノロジーのフラグの場合は「太字で斜体」で表示するようにしました。それ以外の場合は、ユニットまたはユニットの種類を表します。表の中で日本語化されていないものの、日本語化を進めました(ほぼ対応しました)。
  • 2020/11/9:ver1.05:
    表の中で日本語化されていないものの、日本語化を進めました(西洋の文明はほぼ対応)。
  • 2020/11/8:ver1.04:
    カードに対応しました。テクノロジーの「データ変更」の効果をより充実させました。テクノロジー、カードの効果に、「データ変更2」、「力の生成」、「資源交換」、「建物は開示研究テクノロジー」、「敵の視界を共有」、「メッセージを表示」、「ユニット変換」を追加しました。
  • 2020/11/6: データを11/6のパッチのバージョンに差し替えた(ソフトそのものはver1.03と同じ)
  • 2020/11/5:ver1.03:
    テクノロジーの表に、「封鎖」、「名称変更」、「命令追加、削除」、「革命」を追加。町の中心で研究可能なテクノロジーの表示の順番を修正。その他細かい不具合を修正。
  • 2020/11/4:ver1.02:
    テクノロジーの表示の順番を改善しました。テクノロジーの表を色分けしました。カードが前提になっているものを斜体でひょうじするようにしました。詳細は、下記のテクノロジーの表の説明を参照してください。その他、誤字の修正、バージョンが表示などを行いました。
  • 2020/11/3: ver1.01:
    テクノロジーの表を追加。効果は「数値データに影響する効果」、「テクノロジーを適用する効果」、「テクノロジーを研究できるようにする効果」、「テクノロジーを研究できないようにする効果」のみ対応。また、「元データ表示」ボタンを追加した
  • 2020/10/31: ver1.00:
    公開開始。全文明のユニットの初期データを表示できるようにした

“交易命AOE3DE版” への4件の返信

    1. 気に入っていただいたようで何よりです。
      テクノロジーの表の対応を開始しました。
      今後もまったりと、更新していく予定です。

    1. 指摘ありがとうございます。新しい機能を追加したときにバグったようです。

      新しい機能を入れたときに、全部チェックしきれない事は今後もありそうなので、そういった不具合があれば、誰でも、遠慮なく指摘してくてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です